ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

「もう、あなたには打つ手がありません」
がんのステージが進むと、医師からそのようなひとことを言われてしまうことがあります。でも、そこであきらめないでください。その状態から一緒にがんに立ち向かってくれる、「がん治療をあきらめない」医師を探しましょう。

ありふれた言葉に聞こえるかもしれませんが、がん治療はあきらめないことが全てです。その強い気持ちで、長期にわたる余命を勝ち取った患者さんがたくさんいます。これから自分に合う、別の治療法を探していきましょう。

がんの治療法を知る

がん治療にはいくつかの方法があります。中には進行度により、おこなうことができない方法も。主な治療法を解説します。

  • 手術療法

    がん治療において、まず選択すべき治療法といわれています。手術ができるなら、「完治できる可能性が高い」状態といえます。

  • 抗がん剤治療

    抗がん剤は、体内に入ると血液に乗って全身を巡りがん細胞を攻撃する薬です。通常の細胞も傷つけてしまい、副作用が発生します。

  • 放射線療法

    放射線療法はがん細胞に放射線を当てることで、直接切り取る作業をせず、がん腫瘍をなくしたり小さくしたりすることができます。

  • 免疫療法

    免疫療法とは人が本来持っている免疫力を回復させ、「がん」に立ち向かおうとする方法です。まだ発達中の治療法でもあります。

特集最新のがん治療「トモセラピー」とは?

放射線治療も技術の発展にともない、様々な治療法や最先端の機器が登場しています。以前ではがん腫瘍の個数が多いと照射できないといった制約がありましたが、最近ではステージ4のがんでも照射可能な機器が増えてきました。本特集では、最新の治療法を紹介します。

放射線治療の種類について知る

放射線にはどのような種類があるのか、確認してみましょう。

放射線治療の流れを知る

放射線治療を受ける際の、一般的なスケジュールをまとめました。

放射線治療のメリット・デメリット

治療に関して、メリット・デメリットはどんなことでしょうか。

トモセラピー

引用元:クリニックC4公式HP
(http://cccc-sc.jp/index.html)

末期がん(ステージ4)の治療について

がんにおいてステージ4と診断されたとき、全身にがんが広がっていることを意味します。しかし、転移したそれぞれの場所を治療していくことは可能です。臓器ごとに違うがんの特徴を知り、あきらめずに治療をすることが、運命を変えることにつながります。

  • 肺がん

    手術をおこなえるのは早期で見つかった、肺がん全体の3割ほど。多くのケースでは、放射線での治療がメインとなります。

  • 胃がん

    ピロリ菌が原因となって発生するがんであることが知られています。大きな症状が出にくく、発見が遅れやすいがんのひとつです。

  • 大腸がん

    早く見つければ、ほぼ完治させることのできるがんです。しかし、進行してしまった場合は転移しやすく治療もやっかいになります。

  • 肝臓がん

    肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気が進行するまでほとんど症状が出ません。肝炎をわずらっている人は、特に注意が必要です。

  • 食道がん

    50代以降の男性に多く、早い段階から転移しやすいがんです。放射線と抗がん剤を合わせた、混合治療の効果が高いといわれています。

  • 乳がん

    早く見つけることができれば、命の危険は少ないがんです。主に大きさが3cm未満のがんで手術をすることができます。

  • 前立腺がん

    天皇陛下の前立腺がん発見により、格段に検査を受ける男性が増えました。ゆっくりと進行する特徴を持ったがんです。

「末期がんの治療をあきらめない」医師がいる病院リスト

  • クリニックC4

    引用元:クリニックC4公式HP
    (http://cccc-sc.jp/index.html)

    クリニックC4

    外科手術ができないほど進行したがんも治療することができる、「トモセラピー」による放射線治療が受けられるクリニック。

  • 島村トータルケアクリニック

    引用元:島村トータルケアクリニック
    公式HP(http://koshu-ya.xsrv.jp/)

    島村トータルケア
    クリニック

    がん特有の疼痛や緩和ケアを、在宅でも受診可能。ステージが進んだがんと闘うための、特別な栄養ケアプログラムも。

  • 東京放射線クリニック

    引用元:東京放射線クリニック公式HP
    (http://www.troc.jp/)

    東京放射線クリニック

    治療開始まで最短1週間、放射線治療をおこなう時間はわずか30分ほどと、忙しい人でも通いやすいクリニックです。

  • 国立がん研究センター東病院

    引用元:国立がん研究センター東病院HP(http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html)

    国立がん研究センター東病院

    抗がん剤の開発も実施している、国内でも歴史のあるがん専門病院。珍しいがんであるなら、症例の集まりやすい専門病院がおすすめ。

  • 東京MITクリニック

    引用元:東京MITクリニック公式HP
    (http://www.mitgroup.jp/)

    東京MITクリニック

    東京駅から徒歩5分の場所にある、APT分子免疫療法を受けることのできるクリニック。自分の免疫を使うので、副作用が少ない治療。

  • 江戸川病院

    引用元:江戸川病院公式HP
    (http://www.edogawa.or.jp/)

    江戸川病院

    前立腺がんに対し、特に診療実績を持つ。22時まで放射線治療を受けることができるのが特徴。東京都前立腺がん診療連携協力病院。

【ご注意】「あきらめない癌ステージ4治療ガイド」で掲載されている情報は、あくまで一般情報です。治療に関しての判断は、担当医などの医療者と相談のうえ行ってください。