ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

あきらめない末期がん(癌ステージ4)の治療 » 末期癌・ステージ4と診断されたら

末期癌・ステージ4と診断されたら

癌の告知とともに、ステージがすでに4の末期であると診断されたら、患者さんやその家族は混乱し強いショックを受けることがほとんどです。希望を捨てずに治療を続けていくために、情報を4つのページに分けまとめました。

家族ができること

がんを告知され動揺している本人に対して、家族には何ができるのでしょうか?いつも一緒にいる、家族でなければできないことが沢山あります。悲しみを分かち合うこともまた、他の人ではできません。家族だからこそできる、サポートの方法をまとめました。

>>家族ができることについてのページはこちら

がんの状態を理解する

よい治療を受けるためには、がんの状態を理解することから始まります。どこにがん腫瘍があるのか、大きさや進行度はどのくらいなのか。その情報と、希望するライフスタイルをかけ合わせて治療法を決めていきましょう。

>>がんの状態についてのページはこちら

グレードDの可能性に期待する

がん治療の指針に関して、「グレード」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。これは、治療のエビデンス(治療実績)が集まっているかを表す格付けです。現在はまだ実績の少ないグレードDのがん治療について、今後の可能性をまとめました。

>>グレードDについてのページはこちら

転移の可能性を知る

がんとは、転移する病気です。「転移するからこそ怖いのであって、転移しなければ完治のできる怖くない病気だ」と表現する医師もいるほどです。それぞれのがんの転移先は決まっているので、こまめに検査をすることが健康管理には重要になってきます。5大がん(肺がん、乳がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん)の主な転移先についても、詳しく解説しています。

>>転移の可能性についてのページはこちら

ステージ4だからと、あきらめないで

「多くの人がおこなう治療法は、もうできない」ステージ4のがんだからといって、あきらめる必要はありません。

まだ試すことができる治療はあるはずですし、ステージ4から完治していく人も存在しています。回復していく人に共通しているのは、「生きていく」というポジティブな気持ちです。

がんと共存してもいいのです。今では、日ごとに新しい治療法も生まれています。辛い日も、できるだけ前向きな気持ちを忘れないでください。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら