ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

あきらめない末期がん(癌ステージ4)の治療 » 末期癌・ステージ4と診断されたら

末期癌・ステージ4と診断されたら

癌の告知とともに、ステージがすでに4の末期であると診断されたら、患者さんやその家族は混乱し強いショックを受けることがほとんどです。希望を捨てずに治療を続けていくために、情報を4つのページに分けまとめました。

家族ができること

がんを告知され動揺している本人に対して、家族には何ができるのでしょうか?いつも一緒にいる、家族でなければできないことが沢山あります。悲しみを分かち合うこともまた、他の人ではできません。家族だからこそできる、サポートの方法をまとめました。

>>家族ができることについてのページはこちら

がんの状態を理解する

よい治療を受けるためには、がんの状態を理解することから始まります。どこにがん腫瘍があるのか、大きさや進行度はどのくらいなのか。その情報と、希望するライフスタイルをかけ合わせて治療法を決めていきましょう。

>>がんの状態についてのページはこちら

グレードDの可能性に期待する

がん治療の指針に関して、「グレード」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。これは、治療のエビデンス(治療実績)が集まっているかを表す格付けです。現在はまだ実績の少ないグレードDのがん治療について、今後の可能性をまとめました。

>>グレードDについてのページはこちら

転移の可能性を知る

がんとは、転移する病気です。「転移するからこそ怖いのであって、転移しなければ完治のできる怖くない病気だ」と表現する医師もいるほどです。それぞれのがんの転移先は決まっているので、こまめに検査をすることが健康管理には重要になってきます。5大がん(肺がん、乳がん、胃がん、肝臓がん、大腸がん)の主な転移先についても、詳しく解説しています。

>>転移の可能性についてのページはこちら

ステージ4だからと、あきらめないで

「多くの人がおこなう治療法は、もうできない」ステージ4のがんだからといって、あきらめる必要はありません。

まだ試すことができる治療はあるはずですし、ステージ4から完治していく人も存在しています。回復していく人に共通しているのは、「生きていく」というポジティブな気持ちです。

がんと共存してもいいのです。今では、日ごとに新しい治療法も生まれています。辛い日も、できるだけ前向きな気持ちを忘れないでください。

末期がんでも取り組める治療法

末期がん、ステージ4と診断されてもチャレンジできる新しい治療法をご紹介しましょう。

まだまだ保険適用でなかったり、受けられる病院が限られていたり、治療を受けるのも難しいことがあるかもしれませんが、がん治療は日々進化しています。新たな治療法は、大きな希望となる可能性を持っています。

粒子線治療

がん治療の方法としてあげられることの多い外科手術・化学療法・放射線療法の3つのうち、陽子線治療や重粒子線治療のような粒子線治療は放射線療法に分類されます。いずれも保険適用が効かない自由診療となる治療法ですが、先進医療として認定されています。そのため、保険診療との混合診療が受けられます。

陽子線治療・重粒子線治療の大きな特徴は、従来の放射線治療と比べて副作用や身体にかかる負担が少ない点が挙げられます。また、これまでのところ治療効果も高く、難治性のガンに対しても、根治治療法として有効性が期待されています。

粒子線治療は,現在先進医療として,統計部主要,肺癌,肝臓癌,骨軟部腫瘍,膵臓癌,前立腺癌などに広く用いられ良好な治療成績が報告されている。特に重粒子線治療では,X線治療でも難治性であった悪性腫瘍に対する優れた臨床成績が放射線医学総合研究所から報告されている。〜中略〜重粒子線治療費は約300万円と一般のX線治療に比べ治療費が高価であるが,最新の化学療法剤や分子標的薬,最新治療技術などに比べて,費用他1高価で勝るとも劣らない。特に粒子線治療は副作用を抑えつつも難治性限局がんに対して有効性が期待され,すでに一部の難治性がんではそれが実証されている根治治療法である

出典:(PDF)「粒子線治療 16 治療施設(国内外)・人材育成・今後の展望」RADIOISOTOPES,64(6),2015 [PDF]

粒子線治療の大きな特徴は、確実に腫瘍を標的とした治療ができるため、副作用が少ないという点です。

粒子線はある一定の深さに到達したときに、一番大きなエネルギーを放射して停止させられるという物理的特性を持っています。そのため、がん病巣の深さに合わせて照射を設定することで、腫瘍部分のみをピンポイントで放射線により破壊することができるのです。

中性子線療法

陽子線や重粒子線治療と同じように、体外から照射してがんを撃退する中性子線療法は、脳腫瘍や皮膚がんといった、表在性のがんに適応する治療法として、臨床試験が行われています。

これまでのX線を使った放射線治療では治療効果が得られなかったがんのタイプにも有効な治療法である一方で、正常組織に対する影響も大きく、治療には十分な注意が必要とされています。

また、あらかじめ腫瘍細胞に薬剤を取り込ませ、中性子線を照射することで治療効果を高めるホウ素中性子捕獲療法に関しても、現在研究が進められています。

ホウ素中性子補足療法という悪性腫瘍の放射線治療法がある .この手法はあらかじめ腫瘍細胞に10Bを取り込ませ,その後外部から中性子線を照射し、10Bに中性子を捕獲させる。中性子を捕獲した10Bは,ヘリウム原子核(4He)であるα線及リチウム劉氏へと核分裂反応を起こす。このとき発生したα線とリチウム粒子が腫瘍細胞を破壊するが,これらの粒子の最大飛程は腫瘍細胞約1個分の大きさに相当するため,10Bを取り込んだ腫瘍細胞のみを選択的に破壊することができる。 る.

出典:(PDF)「ホウ素中性子捕獲療法におけるドラッグデリバリーシステム」ファルマシア,47(6),2011 [PDF]

免疫療法

樹状細胞ワクチン療法のような免疫療法は、現在世界中の研究者が盛んに研究を進めている治療方法です。標準治療が使えなくなったときに自由診療で行われる免疫療法を検討される方もいます。

免疫療法とは、体の中に発生したがん細胞を、体の免疫機能を高めることによりによって排除させていく治療方法です。

現在、白血球中にあるT細胞と呼ばれる細胞が、サイトカインという物質を作りだし、異物に対して抗体を作るように他の細胞に指示を出したり、細胞から異物を排除しやすくしたりするなど重要な役割を果たしていることがわかっています。

広い意味で言えば、がん治療における免疫療法は、このT細胞の働きを高めることで免疫パワーを高め、がんを撃退する治療方法なのです。

一口に免疫療法と言っても、アプローチ方法はいろいろ。例えば、免疫チェックポイント阻害剤を使った免疫療法は、体内にあるT細胞の働きなど“免疫機能にブレーキがかからないよう作用”する薬を使い、がんを撃退させます。

また、サイトカイン療法や、免疫賦活剤を使った免疫療法は、“体内の免疫機能を強める”ことでがんを撃退する治療法です。

現在、研究が進められている免疫療法も様々で、例えばがんペプチドワクチンや樹状細胞ワクチンを使ったがんワクチン療法は、体内の免疫を司るT細胞の働きを高める治療法です。他にも、CAR-T療法といって、体外から取り出したT細胞に抗原を認識する遺伝子を埋め込み、体に戻す治療法などがあります。

出典: 「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」国立がん研究センター がん情報サービス

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら