ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

グレードDの可能性に期待する

がんの治療は、ガイドラインに定められたグレード分けによって異なってきます。詳しく情報をまとめました。

治療方法によっては現状維持の可能性がある

がんをわずらい、ステージ4にいたる頃に「もう打つ手がありません」「もう治療方法はありません」と、医師から言われることがあります。

これらの言葉に患者さんはショックを受けられることでしょう。ただやみくもに言葉だけを受け取っていただきたくないのは、この言葉の意味としては「治療効果が、科学的にしっかり証明された治療はもうおこなえない」「ガイドラインで推奨されている治療はもうない」ということがほとんどなのです。

がんの治療は、基本的にガイドラインで推奨されたグレードをもとにおこなわれます。このガイドラインは、エビデンスの量によって以下のように区分けがされています。

  • グレードA 「十分な科学的根拠があり、積極的に実践するよう推奨する」
  • グレードB 「科学的根拠があり、実践するよう推奨する」
  • グレードC1 「十分な科学的根拠はないが、最新の注意のもと行うことを考慮してもよい」
  • グレードC2 「科学的根拠は十分とはいえず、実践することは基本的に勧められない」
  • グレードD 「患者に不利益が及ぶ可能性があるという科学的根拠があるので、実施しないよう推奨する」

基本的に病院やクリニックでの治療は、ガイドラインで推奨されている治療であるグレードAやBの治療を終えると「もう打てる手はなくなった」とされるようです。それならば、グレードCやDの治療法はまだ残っているということです。ただし、グレードDの治療については「実施しないように勧める」とガイドラインに記載されているために、治療方法としては提案されないものとなります。

グレードDは確かに、エビデンスの少ない、科学的な証明が揃っていない治療法です。しかしガイドラインで検討された治療法である以上は、「一定の人、条件下において効果は少なからずあった」方法ということになります。

そのことから、今はまだグレードDである治療法が、数年後にはスタンダートな治療法となっていることも十分に考えられます。グレードAやBの治療法をすべて試したからといって、あきらめるのは早すぎます。きっとあるに違いない、自分に合う治療法を探してみませんか?

「ステージ4で医師から残念ながらもう打つ手はないと言われてかれこれ半月が過ぎました。医師がもうどうしようもないというのだからその通りなのだろう…と思っていたのですが、インターネット上でいろいろな情報を探していた時に知ったのがグレードDについてです。

何でもがんは一人ひとり合う治療法が異なるそうで、もしかしたら自分に合う治療法があるかもしれない…と希望が沸きました。具体的な治療法が見つかったわけではなく、もしかしたら…という範囲の話ではありましたが、打つ手がないと言われていた自分からすると大きな希望に繋がっています。

今は自分に合う治療法を探してくれる病院を見つけるために日々奮闘しているのですが、気持ちが落ち込んでいた毎日とは違い、前向きに治療について考えられています。

やはり気持ちの問題は大きいようで、食事もほとんど喉を通らないような状態でしたが、何とかして効果的な治療法を探さなければ!と考えられるようになってからは生命力もわいてきました。」

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら