ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

転移の可能性を知る

がんは転移する病気です。医師のなかには、「がんが怖いのは、転移する病気だから。転移せずに治れば、怖がるものではない」と言っている人もいるほど。

癌が転移してしまう理由

がんは大きく成長すると、一部のがん細胞がリンパ液や血液に乗って他の臓器に転移します。

転移した先で増殖し、やがて正常細胞よりもがん細胞が勢いをつけ栄養を得るようになってしまうことで、それぞれの臓器が正常な働きをおこなうことができなくなってしまうのです。さらに大きくなったがん細胞が神経にふれて痛みを発生させ、強い疼痛を引きおこします。こうして徐々に全身の状態を悪化させていくのが、がんという病気です。

あまり知られていないことですが、がんは発生した臓器によって転移する場所が決まっています。多くの人がなる5大がんでは、主な転移先は以下のとおりです。

  • 肺がん…肺、肝臓、脳、骨、副腎
  • 乳がん…肺、肝臓、脳、骨
  • 胃がん…腹膜、肝臓、隣接臓器への直接浸潤(横行結腸、すい臓、脾臓など)
  • 肝臓がん…肺、肝臓
  • 大腸がん…肺、肝臓、大腸、隣接臓器への直接浸潤(膀胱、膣など)

元々のがんが肺がんである場合には、転移の可能性がある場所は継続して5年間に渡り、基本的に保険診療で検査を続けていきます。反対にいえば、とっぴな場所に転移することはないため、定期的に検査をすることで転移した場合には初期のうちに見つけやすいということになります。

定期検査による早期発見が重要

がんとは、早く見つけることで命をおびやかすことなく治る可能性が高い病気です。発見が早ければそれだけ転移の可能性も低いといえます。

たとえば胃がんを例にとると、上皮内新生物と呼ばれる上皮の粘膜にできた薄く小さながんであれば、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)で切り離すことができますし、再発・転移もまずありません。

元々のがんから転移してしまった場合にも、できたばかりの状態で見つけることができれば、それ以上の広がりを食い止めることもできるのです。がんは治療を終えた後の5年間が、再発や転移に一番注意すべき時期であるといわれています。この時期は特に検診をおこたらずに、気になる症状があれば定期的な受診日の前であっても、念のため医療機関で相談をしましょう。

「肺がんと診断され、かなりショックを受けていたのですが、運よくステージ2での発見となりました。ただ、どちらかというとステージ3の直前のような状態だったらしくてあと少し発見が遅れていたらステージ3と診断しなければならないような状態になっていたとのこと。

ステージ別の年生存率を調べてみたところ、ステージ2の段階で見つかれば5年生存率は50%近くあるとのことでした。やはり、定期検診の大切さを大きく実感しています。現段階でしっかり治療を行い、完治を目指していきたいです。」

「昔から病院が嫌いでほとんど訪れませんでした。胃の辺りに違和感を感じたものの、それでも病院に行かず…。最終的に病院ではステージ4の胃がんとの診断を受けてしまい、肝臓にも転移が見られるとのことです。

今となってはもう遅い話ですが、できるだけ定期的な検査を受けることはとても大切だったんだな…と思っています。ただ、その後他の臓器への転移は抑えられている状態なので、今後についてもできるだけ前向きに考えたいです。」

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら