ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

あきらめない末期がん(癌ステージ4)の治療 » ステージ4・末期がんの治療~病院リスト~

ステージ4・末期がんの治療~病院リスト~

ここでは、ステージが4であったとしても、がん患者が頑張るかぎりは一緒にできる治療をおこなっていく…という医療施設をまとめました。

身体に負担のかかりにくい治療ができるクリニック

クリニックC4

東京都にあり自由診療で、「トモセラピー」という放射線治療を受けることができるクリニックです。できるがんの個数に制限をもうけず、患者さんが頑張る限り一緒に治療をおこなっていきます。正常な細胞を傷つけない照射法であるため、身体に負担がかかりにくいのが特徴。

東京都内にあるクリニックC4は、30年以上ガン治療に携わってきた青木幸昌院長が率いるクリニックです。青木院長は、東京大学医学部医学科を卒業し、日本医学放射線学会専門医や日本放射線腫瘍学会認定医など専門医として認められてきた人物。日本放射線腫瘍学会評議員にもなっています。
これまで1万人以上の臨床治療と向き合ってきたドクターで、末期ガンでも諦めずにガンと戦いたい、と願う患者さんの気持ちに寄り添った治療を行なっています。最先端の知識に裏付けされたトモセラピー治療を、患者さんと家族の心に寄り添って進めてもらえます。

施術方法:トモセラピー

トモセラピーは、放射線治療の中でも最新のガン治療です。自由診療となりますが、進行していて手術ができないがんなどに対して有効な治療法として注目されています。癌細胞が集まっている病巣を放射線で包み込むように照射するのが特徴で、正常な細胞へのダメージも少ないため、比較的副作用も軽い点が特徴です。
トモセラピーの治療には、高い技術が求められるため、豊富な診療実績のあるクリニックを選ぶのが大切です。

負担の少ないガン治療を追及 最先端放射線治療の名医

クリニックC4で治療に対応するのは、院長の青木幸昌先生。東京大学医学部医学科卒業後は、放射線一筋に多くのガン患者さん達と向き合い、放射線工学に携わりながら放射線治療の品質向上に貢献してきた名医です。

画像情報によって、骨格や臓器構造をより正確に把握して照射をおこなう「IGRT」や、放射線を病変の形状に一致させ3次元的に照射する「SRT」といった放射線治療工学の研究開発に早期から携わっており、いわば外照射治療の先駆け的存在と言えます。

また、放射線医学総合研究所によって進められた、光の速度に近いスピードで照射して身体へのダメージを軽減する「重粒子線治療」においても開発段階から関与し、照射した放射線の出口の設計などに尽力しています。

最先端の研究で珍しいガンにも対応できるクリニック

国立がん研究センター東病院

1962年に設立された国立がん研究センターがつくった、最新機器が揃う新しい病院です。特に放射線領域では認知度が高く、日本で初めて陽子線治療施設を導入しました。治験治療も多くおこなわれ、最新の投薬治療の研究施設でもあります。珍しいがんである場合には、えらぶべき病院であるといえるでしょう。

多くの医師が在籍する国立がん研究センター東病院。平成26年より院長を務めているのは、西田俊朗院長です。大阪大学で准教授としてがん研究の先端を走ってきた院長のもと、がんと戦う患者さんを救うための最先端のがん治療を臨床・研究の両側面から進める医師・スタッフが多数在籍している病院です。日本で初めて陽子線治療施設を導入し、数々の最新の投薬治験にも取り組んでいるため、可能性があるならあらゆる治療にチャレンジしたいという方にとってベストな選択肢となり得ます。加えて、がん治療中の患者さんや家族の心のケアを行う精神腫瘍科を設けているのもユニークなポイント。心療内科医、精神科医、心理士などの専門スタッフが、心の治療にも寄り添います。

施術方法

標準治療から、最新のガン治療まで幅広い治療が受けられる国立がんセンター東病院。施術方法は、抗がん剤治療、放射線治療、外科治療などに大きく分けられます。同院で特に特徴的なのが、非小細胞肺がんに対する陽子線治療です。先進医療として認定されている陽子線治療は、特殊な設備と放射線照射設計を行う必要があるため、ほとんどの病院で行えない治療方法です。
また、先端医療科をもち、早期開発治験に関しても取り組んでいるため、少しでも可能性のある治療があるなら試してみたいという方は、相談する価値のある病院と言えるでしょう。

「より機能を残し、やさしく治す」外科治療を提供 大腸ガンの名医

多数の専門医師が在籍する国立がん研究センター東病院。こちらでは、大腸外科の「伊藤雅昭 科長」をご紹介します。

伊藤雅昭科長の専門分野は大腸ガンの外科治療、また手術機器の研究開発です。千葉大学医学部卒業後の経歴のほとんどが国立がん研究センター東病院にあり、大腸外科長の他にも「消化器科医長」「泌尿器・後腹膜腫瘍科長」「臨床開発センター内視鏡機器開発分野ユニット長」などで手腕を発揮してきた、パワードクターです。大腸ガンに関しては、特に直腸ガンの外科治療に注力しており、1000例を超える症例経験など、この領域のパイオニア的存在とも言えます。

遅くまでやっている・忙しい人でも通えるクリニック

江戸川病院

22時まで放射線治療をおこなっている、忙しいビジネスマンのための病院です。トモセラピー機器も2台が稼働。東京都前立腺がん診療連携協力病院のひとつ。特に前立腺がんについては、ステージが進んだ状態でも治療実績を持っています。

江戸川病院は、昭和7年から続く歴史ある病院です。病床数418床を誇ります。がん免疫治療センターには、日本臨床腫瘍学会認定 がん薬物療法専門医・指導医、日本血液学会認定血液専門医・指導医など専門医資格を持つ明星ドクターや、がん緩和ケアとがん薬物療法を専門とする後藤ドクターが在籍。日本臨床腫瘍学会認定研修施設にも認定され、がん薬物療法専門医が2名在籍している外来化学療法センターも有しています。ステージが進んだ前立腺がんに対する治療実績もある病院ですので、前立腺がんの方は特にオススメの病院と言えるでしょう。

施術方法

自由診療ではあるものの、体への負担が少なく最新の放射線治療として注目されているトモセラピー治療に取り組む病院です。トモセラピー機器は3台保有しており、主に前立腺がんに対するトモセラピー治療に力を入れています。
がんと闘病しながら、仕事も続けたいという方には嬉しい、診療時間22時まで対応の病院でもあります。加えて、前立腺がん手術では、手術支援ロボット「ダビンチ」を導入。がん細胞を焼き切って取り除くラジオ波焼灼装置など最先端の医療機器も導入されています。加えて、がん免疫治療センターも設け、各がん治療の専門医が多数在籍しています。

未来の医療にも貢献 血液疾患全般 がん薬物療法の名医

江戸川病院腫瘍血液内科副部長を務める「明星智洋」医師。熊本大学医学部卒業後、血液悪性腫瘍やガンの化学療法全般について研鑽を積み、現在は悪性リンパ腫・多白血病・発性骨髄腫などの診療に尽力しています。また、その傍ら、遠隔診療や人工知能といった未来的医療の研究にも携わり、ハイパーメディアクリエイターとして、様々な企業と医療現場をつなげる取り組みにも参加するなど、活躍の場を広げています。

「たけしのみんなの家庭の医学」などのメディアにも出演経験があるスーパードクターです。

その他おすすめのクリニック一覧

島村トータルケアクリニック

千葉に立地。がんと闘う身体を作るための、特別な食生活指導をおこなうプログラムも用意されています。ラジオ波を使った焼灼術で、ステージの進んだ肝がんでも治療が可能です。

千葉にある島村トータルケアクリニックは、専門的な緩和ケアにも取り組んでいる病院です。施術方法でも少しご紹介している通り、がんと戦う体をつくるための食事療法に対して、特別なプログラムも用意されています。また、緩和ケアの分野では院内コンサートやボランティアの方によるアロマテラピーの時間などがあります。ステージが進行した肝がんの治療にも取り組まれています。院長を務める島村善行ドクターは、がん研究の先端を走る、国立がんセンター東病院の医長なども務めてきた経験豊富なドクターです。

施術方法

島村トータルケアクリニックでは、専門性の高い緩和ケアに積極的に取り組んでいます。また、ステージが進行した宦官に対しても、効率的にがんを取り除くラジオ波を使った焼灼術による治療を実施。大きさ3cm未満、3個以下の肝がんに対しては、特に積極的にラジオ波焼灼術が選択されているようです。
加えて、患者さんに対して、食事指導にも積極的に取り組んでいる点が大きな特徴です。

最期までイキイキと生きるすべを伝授 緩和ケアの名医

島村トータルケアクリニックの理事長である「島村善行」医師。京都府立医科大学卒業後、国立がんセンターの外科レジデントで経験を積み、その後は国立療養所松戸病院や国立がんセンター東病院の医長、千葉西総合病院の院長などを歴任。平成13年に島村トータルケアクリニックの院長、平成15年に同理事長に就任して現在に至ります。

ガン治療における最先端の医療現場で手腕を磨き、現在は患者本人の病気だけでなく、その人の人生や、その家族への配慮に至るまでのトータルケアを行える施設づくりに尽力しています。

東京放射線クリニック

東京にある、日本でも数少ない高精度放射線治療専門のクリニックです。初診から治療計画を立てることができるため、最短1週間で治療に入ることができます。1回にかかる時間は、治療開始から帰宅まで1週間ほど。仕事を辞めることなく、働きながらがん治療ができます。

施術方法

高精度放射線治療に専門的に取り組むクリニックです。採用している施術方法は、主にIMRT(強度変調放射線治療)、SBRT(体幹部定位放射線治療)など。平成20年開院と、当ページ内では比較的新しい病院ですが、最先端の治療機器を揃えているため、最新の治療を試してみたいという方にもおすすめです。特に、IMRT(強度変調放射線治療)は三次元的に放射線を照射する治療法のため、事前検査や照射プログラムの策定などがとても難しい治療です。専門医がいないと難しい治療のため、専門に取り組む同病院はとても頼れる存在と言えるでしょう。その他、増感剤を併用した放射線治療(コータック)などにも取り組んでいます。

それぞれにやさしい放射線治療の名医

東京放射線クリニックの院長、「柏原 賢一」医師は、アメリカの名高い大学でも研鑽を積んできた放射線治療の専門医です。京都府立医科大学出身。徳島大学医学部放射線医学教室講師をはじめ、米ハーマン大学の客員教授やマサチューセッツ総合病院、ワシントン大学での研修など、研鑽をより深めるために幅広い現場で活動してきたスーパードクター。

日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本がん治療認定医機構認定医、日本核医学専門医など、数々の資格を保有。現在は、治療品質の向上を目指し、保険診療以外にも、放射線治療に増感剤を併用する治療や、痛みに対するケアなど、多角的な医療の提供に努めています。

東京MTIクリニック

東京駅から徒歩5分ほどの場所にあるクリニックです。自由診療で、APT分子免疫療法を受けることができます。自分の免疫を使った治療であるため副作用が少なく、お急ぎの場合には初診時に最初の治療を受けることもできます。

東京駅近くに構える同クリニックは、APT分子免疫治療を自由診療で受けられるクリニックです。初診時に初回治療をスタートすることもできます。在籍する意志やスタッフは、がんの免疫治療の経験を臨床・研究の場で積んできたプロフェッショナルたち。チームで治療に取り組んでもらえるのが特徴です。院長をつとめるのは、がん免疫治療に10数年取り組んできた宇野ドクター。がんミトコンドリア治療の開発に取り組むなど、研究分野でも活躍している宇野ドクターは、横浜にある医療法人財団コンフォート病院でがんの研究部門「免疫研究センター」を開設した経歴もあります。長年免疫治療に取り組んでいた経験とネットワークで、高いレベルの治療を提供しています。

施術方法

東京MITクリニックで実施している主な治療方法は、「APT分子免疫療法」「リスクチェッカー」「ネオアンチゲン免疫療法」などです。APT分子免疫療法とは、がんに対して、体が本来持つ免疫機能を利用して攻撃するのを促進する治療方法。がんペプチド誘導治療などとも呼ばれています。この治療を的確に行うために必要なのが、がん精密免疫検査システムであるリスクチェッカーです。がんの性質や免疫低下のタイプなど様々な要素をもとに解析、効率的な治療へとつなげています。

「がん免疫ドッグ」を開発 ガン免疫診断の名医

東京MITクリニック院長の「宇野克明」医師。東海大学医学部医学科卒業後、杏林大学医学部にて外科、腫瘍免疫学の研究に携わってきました。1996年に理事長として就任した医療法人財団コンフォート病院では、日本初の「がん免疫ドッグ」を開発し運用してきた経歴もあり、まさにガン免疫研究のパイオニア的存在と言えます。

医学博士であり、日本外科学会認定医や日本消化器外科学会認定医など複数の資格を保有。免疫に関わる多くの論文を発表しており、著書も多数です。現在も免疫治療・免疫療法に注力した診療を続けながら、これまでの研究データに基づいた精密で質の高いガン医療の提供に尽力しています。

ビオセラクリニック
画像引用元:ビオセラクリニック
https://www.bio-c.jp/

ビオセラクリニック

ビオセラクリニックは従来の抗がん剤治療や放射線治療とは異なり、患者の身体的負担や副作用を少なく抑えることを目標とする治療を行っています。

すなわち体の免疫力をあげることによってがん細胞の増殖抑制をめざす治療法で、具体的には免疫細胞療法、局所温熱療法、全身温熱療法、心理療法の4つを単体で、または併用しながら進めていきます。

こうすることにより、闘病中における患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めることも目標としています。

施術方法

がん患者が免疫力を高めるための治療を受けることができるビオセラクリニック。原則的に通院での治療のみを受け付けており、入院中の場合は主治医の了解を得て外出する形で治療を進めることになります。

ステージ4のがん治療を行う病院選びのポイント

風邪やインフルエンザを治療するために病院に行く際はそれほどこだわらず、近所の病院を選んでいる方もいるのではないでしょうか。ですが、ステージ4のがん治療を行うことになれば病院選びはしっかりしておかなければなりません。

ステージ4といえば、他の臓器にがんが転移している状態ということもあり、より専門的な治療が必要になります。病院選びにはとことんこだわってみましょう。

本格的な治療を始めてから「やっぱり他の病院にしておけば良かった…」と後悔している方は少なくありません。ステージ4の治療は大変難しいものになりますが、その中でも納得した治療が受けられる病院選びをすることが重要です。

早期がんの場合はある程度設備の整った病院であればどこで治療を受けてもそれほど大きな違いはないと言われていますが、ステージ4のがんの場合は次のようなポイントをチェックしながら病院探しをしてみましょう。

病院による違いはある?

日本のがん治療では診療ガイドラインが用意されています。そのため、治療を受ける病院が違うからといって治療の内容や品質が大きく変わるようなことはありません。

ですが、部位によって対応や病院スタッフの質は異なるため、必ず比較した上で決めましょう。

症例数や実績

病院を比較する際にチェックしておきたいことはいろいろあります。まず、症例数は病院によって大きく異なるので必ず確認しておきたいですね。

ここで重要になってくるのが、自分のかかったがんの治療実績がどれくらいあるのか?ということ。舌がん治療ではかなり有名な病院であるものの、大腸がんの実績数はそれほど多くない…といったところもあるでしょう。

総合的に「がん」として考えてしまうのではなく、自分の治療を受けようと思っている種類のがんでどれくらいの治療実績があるのか確認しておきたいですね。

様々な分野の専門家が在籍している

ステージ4のがんは他の臓器にも転移している状態なので、専門家も複数必要です。治療したいと思っているがんが発生している部位の専門家である医師が在籍しているのはもちろんの事ではありますが、他にも薬剤師や臨床検査技師、リハビリ専門職などの力も借りることになるため、こういった方々が在籍しているのかどうか調べましょう。

専門的な知識や技術を持った人たちがチーム医療を行っている病院であれば信頼できます。チーム医療はただ人員がそろっていれば良いだけではなく、設備も必要になるので、チーム医療を行っている病院は技術力や取り扱っている設備面でも納得できるでしょう。

担当医の人柄

それほど重要ではない項目だと考えてしまいがちですが、担当医の人柄も必ず確認しておきたいポイントです。ステージ4のがんの治療を行う際には長期的な治療になっていきます。

場合によっては一生一緒に病気と向き合っていてくれる重要な存在になるでしょう。がんの治療では専門的なことを行うわけですが、この人にならば安心して任せられると思えるくらいの医師が見つかると理想的ですね。

そのため、自分が本当に信頼できる人、安心して相談ができる医師を探すことが重要なのです。医師の説明が適当だったり、こちらの話や不安を聞いてくれない場合は治療する中で様々な不安や不満を抱えることになってしまうでしょう。

安心して治療を受けるためにも医師の人柄が良い病院探しをするのがポイントです。近年はホームページ上から在籍している医師のインタビューや実績、所有している資格について確認できるところが増えているので、そういったものを参考にしながら病院探しをしてみてくださいね。

病院選びに失敗したと感じるのなら

実際に病院でがん治療を始めてみたものの、医師の対応などがどうしても安心できないと感じるようであれば、思い切って転院することも検討してみましょう。もちろん、何も理由なく他の病院を検討するのは正しい方法ではありません。

セカンドオピニオンやサードオピニオンとして他病院の話を聞くのもおすすめではありますが、その場合も今の病院で何を不安に思っているのか、料理に対して何を望むのかをしっかりまとめてから話を聞きに行った方が自分にとって最適な病院探しに繋がります。

自分にとって最適な病院を探そう

同じがんの種類だったとしても、人によって最適な病院は異なります。だからこそしっかり病院を比較して選ぶ必要があるといえるでしょう。

どのような人柄の医師であれば安心して話ができるのかも人によって異なるので、実際に医師と話をしてみてその人の事が本当に信頼できるのかどうか判断することが大切です。

インターネット上の口コミだけを参考にして選んでしまう方もいるようですが、人によって病院に求めるポイントは異なるので、口コミで評判の良い病院であれば必ずしも自分も納得できるとは限りません。ステージ4のがんの治療を行っていく上で病院選びは非常に大切なことなので慎重に選ぶことが大切です。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら