ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

江戸川病院

このページでは、江戸川病院の院長の実績や、基本情報を紹介していきます。

働きながら受けられる、江戸川病院での放射線治療

江戸川病院江戸川病院は418床のベッド数を持つ、東京都前立腺がん診療連携協力病院のひとつです。東京江戸川がんセンターとして、前立腺がんを対象にしたトモセラピーでの治療を提供しています。

患者さんのさまざまなニーズに合わせた放射線治療をおこなうため、トモセラピー機器は2台体制で稼働をさせています。また、働きながら治療を受けるビジネスマンのために、夜は22時まで放射線診療を受けることができるのも特徴です。

引用元:江戸川病院公式HP(http://www.edogawa.or.jp/)

放射線科では、就労者支援として働く環境を変えずに治療を受けることができるよう、相談窓口ももうけています。今までの生活をしながら治療が行えるのか不安がある場合などは、ぜひご相談ください。

前立腺がんは、早い段階で治療すればそれだけ予後が良いものです。ステージが進んでいる場合でも治療実績はありますので、あきらめずに頑張っていきましょう。

江戸川病院のホームページ>>

江戸川病院の治療方針

放射線療法(トモセラピー)

トモセラピーはがん腫瘍部分にのみ、ピンポイントで放射線を集中させる技術のひとつです。色々な方向から強弱をつけ照射をおこなうことで、あたかもがんの部分だけをくり抜くような当て方ができるようになりました。

しかし、がんの放射線治療には最新の機器とともにすぐれた能力を持つスタッフがいて、初めて高度な治療が成立します。

江戸川病院における放射線治療は、東京大学付属病院放射線科のサポートを受け開始し、同大学准教授の中川恵一医師を中心とする診療体制の構築が図られてきました。さらに2009年4月には東京大学より放射線科専門医、がん治療認定医でもある浜幸寛医師が、放射線科部長として着任しました。

江戸川病院の院長情報

加藤隆弘院長加藤隆弘院長

当院は昭和7年から、東京都東部の医療機関として地域医療に貢献を続けてきた病院です。

私は2013年より、江戸川病院の院長を務めております。

これからも地域のみなさんが長く、楽しく、元気よく生きていくことを実現させるため、最高度でありながらも心の通った医療を提供していきます。

引用元:江戸川病院公式HP(http://www.edogawa.or.jp/)

経歴

平成5年 慶応義塾大学医学部卒業
平成5年 慶応義塾大学医学部・内科研修
平成9年 慶応義塾大学医学部・循環器内科入局
平成12年 東京都済生会中央病院
平成14年 米国サンディエゴ州立大学心臓生理学
平成16年 江戸川病院 副院長
平成25年 江戸川病院 院長

江戸川病院

施設名 江戸川病院
診療科目 内科・神経内科・呼吸器内科・ 消化器内科・循環器内科・外科・整形外科・ 泌尿器科・小児科・心臓血管外科・ リハビリテーション科・ 放射線科・麻酔科・脳神経外科・皮膚科
電話 03-3673-1221
所在地 東京都江戸川区東小岩2-24-18
駐車場 不明
ホームページはこちら
診療時間
時間
9:00~ - -
14:00~ - - -

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら