ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

東京都立駒込病院

東京都文京区に構える東京都立駒込病院は、がんを専門とする紹介予約制の病院です。がん治療に特化した機械を導入し、ステージごとに適した治療の提案を心がけ、患者に寄り添った治療を行います。

東京都立駒込病院のホームページ>>

がんを専門とする連携拠点病院

東京都立駒込病院の外観

東京都立駒込病院は、がん治療連携拠点病院に指定されている病院。がんステージ1・2は手術、ステージ3は化学療法と放射線治療、ステージ4は化学療法に伴う痛みを和らげる治療を提供しています。進行の度合いによって、適切な治療を提案してくれる病院です。

「患者が抱える不安や悩みの相談やセカンドオピニオンを通じて、信頼できる情報を伝える」といったがん患者と家族への総合的な支援を行っています。

また、都道府県がん治療連携協議会を設置し、院内に登録されているがんのデータを収集して分析し評価。地域にある病院と連携を図りながら、がん専門医の教育や質の向上といった人材育成も実施しています。

引用元:東京都立駒込病院公式HP(http://www.cick.jp/)

東京都立駒込病院のがん治療

がん専門病院である東京都立駒込病院は、トモセラピー、サイバーナイフ、Vero 4DRTを導入し、精度の高い放射線治療を提供しています。

複雑なターゲットに対応できるトモセラピー

トモセラピーはCTスキャンのよう回転しながらX線を照射する放射線治療装置です。主に根治治療の際に用いられる装置です。主に前立腺がん、脳腫瘍、直腸がん、肛門がんなどを対応しています。ステージ4のがんの場合は状況により化学療法での治療を勧めるそうです。

患者の周りを回りながら照射するため、患部に集中して照射が可能です。逆に、あまり放射線を当てたくない部位を避けられます。治療では毎回CT撮影を行い、治療計画画像と見比べつつ、適切な場所へ照射します。

一点集中型のロボット:サイバーナイフ

サイバーナイフは脳に関する病気や肺、骨の病気の治療に対応しています。画像解析技術と高性能なロボット技術を合わせて作られた機械です。6つの関節があるため、角度が自在に変化。画像解析で導き出した病巣へ、一転集中して放射線を照射できます。

また、サイバーナイフは照射中に患者さんがほんの少し動いたとしても、正しい位置へと修正。誤差は約1mmという精度の高さが特徴のマシンです。精度が高いため、病巣以外の組織への影響を最小限に抑えられます。

体内の動きに合わせての治療:Vero 4DRT(ヴェロ)

動体追尾放射線治療といわれ、呼吸による上下に動く肺がんの治療に使用されます。体内の臓器の動きに合わせて放射線がでるようになっているのが特徴です。赤外線とX線技術の組み合わせにより、リアルタイムで体内にはびこるターゲットを狙い定め、適切に照射して治療します。

動体追尾放射線治療を行う施設は少ないとされているなか、同院ではヴェロによる治療が行えます。2015年からは肺だけではなく、肝臓の治療にも適用できるよう工夫をしているそうです。

都立駒込病院のトモセラピーの画像都立駒込病院のサイバーナイフの画像都立駒込病院のVero 4DRTの画像
(写真左)放射線治療装置「トモセラピー」(写真中)1点集中照射が可能な「サイバーナイフ」
(写真右)動的に照射可能な「Vero 4DRT」

引用元:東京都立駒込病院公式HP(http://www.cick.jp/houshasenchiryou/housha_souchi/)

東京都立駒込病院の治療方針

東京都立駒込病院は、手術、化学療法、緩和ケアなどを、がんの種類やステージごとに提案してくれる病院です。

患者の人格を尊重している病院のため、病状や治療について十分な理解が得られるよう丁寧な説明をしてくれます。患者や家族がどのように内容を受け止め、患者自身が選択した治療を行い実現する方針です。

また病院の「医療を通して人がその人らしく生き抜くことを支援する」をモットーに、患者が生活する地域医療、福祉関係者、施設との連携を図っています。社会的・経済的な問題、心の問題も患者と向き合い寄り添ってくれます。

東京都立駒込病院の院長情報

京都大学医学部卒業後、泌尿器科医師として医師のキャリアをスタートさせました。大学病院研修医を終えると、滋賀成人病センター、国立がんセンター中央病院、静岡がんセンターと、がん治療専門病院へ勤務しました。これらの経験から泌尿器科領域のがん疾患に関わる専門医となり、聖路加国際病院でがん診療特別顧問を経験し、現在は東京都立駒込病院と静岡がんセンターで院長を務めています。

また、鳶巣院長は「知っておきたいがんの日常診療専門外のがん診療」、「ゼロからわかる 前立腺肥大症・前立腺がん」「名医が語る最新・最良の治療「前立腺がん」」といった著書を執筆しています。

経歴

  • 1982年 京都大学医学部卒業
  • 1997年 京都大学医学部 医学博士取得
  • 1983年 滋賀成人病センター泌尿器科医員
  • 1985年 国立がんセンター病院泌尿器科医員
  • 1987年 国立がんセンター泌尿科医長
  • 1999年 国立がんセンター中央病院総合病棟部長
  • 2002年 静岡県立静岡がんセンター 病院長
  • 2011年 聖路加国際病院がん診療特別顧問
  • 2014年 がん・感染症センター都立駒込病院 院長
施設名 がん・感染症センター 都立駒込病院
診療科目 内科・外科・中央部門
代表電話 03-3823-2101
所在地 東京都文京区本駒込三丁目18-22
最寄駅:田端駅、千駄木駅、白山駅、本駒込駅
駐車場 有り
ホームページはこちら
予約受付時間
時間
9:00~17:00(予約制) - -

土曜日は9:00~12:00

東京都立駒込病院のがん治療実績

トモセラピー、サイバーナイフ、Vero 4DRTの導入に伴い、特殊治療件数が増加傾向にあります。

放射線治療が適応となる成人悪性腫瘍が原因の病気が対象となっています。また、症例件数が多くなるにつれ、新規患者数も増えているそうです。

疾患別症例数

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
甲状腺がん 76 83 64 52 28
血液がん 120 156 148 154 194
呼吸器がん 394 431 397 382 394
泌尿器がん 199 253 233 251 257
脳神経腫瘍 21 28 22 19 15
乳がん 240 227 291 254 273
頭頸部がん 65 103 85 83 102

上記の疾患別症例数は一部のデータとなっています。また、放射性ヨード内用療法を駆使した甲状腺がん、全身照射治療が特徴の血液がんに対応することが多いのも特徴的となっています。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら