ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

国立がん研究センター東病院

このページでは、国立がん研究センター東病院についての情報をまとめています。

国立がん研究センター東病院なら、希少がんも対応可能

国立がん研究センター1962年の設立以来、日本を支えるがん医療の拠点であり続けてきた国立がん研究センター。「東病院」は1992年に新しいがん専門病院として、千葉県柏市に新設されました。

「こころとからだにやさしいがん治療の実現」をモットーとしています。

引用元:国立がん研究センター東病院HP(http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html)

東病院の抗がん剤治療と、抗がん剤自体の開発技術は世界トップクラスの実績があります。外科領域でも高難度の低侵襲手術や治療、放射線に関しても日本で初めて陽子線治療施設を導入した病院です。

2011年、国から早期・探索的臨床試験拠点に選定。2012年より早期・探索臨床研究センター(EPOC)の一員として、国内外の有望な治療薬の開発から承認までを行い、日本の新薬開発にもたずさわっています。最新の治療を受けるのに、これほど整った安心できる環境は他にあまり見られないのではないでしょうか。

2014年からは、サポーティブケアセンターも開かれ、地域連携のもとでがんと診断されてから終末期まで切れ目のないサポートを提供する体制が整いました。

国立がん研究センター東病院のホームページ>>

国立がん研究センター東病院の治療方針

治療の流れ

がん治療は、部位や転移の有無、ステージなどにより治療法は多岐に渡ります。例えば、がんの中でも最も死亡数が多い肺がんは、非小細胞肺がんであれば国立がん研究センター東病院の陽子線治療が受けられます。

陽子線治療は先進医療として認定されている治療法で、放射線と異なり止まる深さをエネルギー量によってコントロールできるため、がんの病巣に集中させて放射線を照射。がん細胞に着実にダメージを与えることができます。

非小細胞肺がんの陽子線治療では、まず治療中に体が動かないように固定する器具を作ります。続いてCT検査結果をもとに、ドクターや放射線技師などにより治療計画を綿密に立て、治療をスタートすることとなります。また、陽子線治療では患者さん一人一人に合わせたボーラス・コリメータという特殊な専用器具を作成するため、治療開始までには器具作成のための日数(数日)もかかります。

国立がん研究センター東病院では治療スケジュールを総線量80GyE/20回としていましたが、早期肺がんに対しては、将来的に1回線量6.6GyE×10回の短期間で治療ができるように臨床試験を進める方針を示しています。

なお、陽子線治療は非小細胞肺がん以外にも、原発性脳腫瘍や食道がん、肝臓がん、前立腺がん、小児がんなども適応となっています。

先端医療科

早期開発治験、特に第1相の臨床試験を中心とする治験や、臨床研究を実施している診療科です。

腫瘍内科を中心に科を横断するチームを組み、情報交換を行いながら最先端の治療を提供しています。従来の治験イメージと異なり、新たな分子標的治療薬や従来の抗がん剤だけでなく、免疫チェックポイントといわれる免疫制御を目的とした治療薬も開発をおこなっています。東病院は試験数(薬剤数)、治験に参加した患者さんの数も、国内にとどまらずアジアトップクラスの水準を保っています。

放射線治療科

放射線を利用した治療は、悪性腫瘍に対する根幹となる治療のひとつです。

放射線治療科では院内全ての科を受診する患者さんを対象に、疾患の種類や状態に応じてさまざまな放射線治療を提供しています。放射線治療医がひとりの患者さんにかかわる、他の外科医や内科医をはじめとした医療チームを組み、綿密な連携のなかで計画から治療までが進められていきます。

食道外科

国立がん研究センター 東病院の食道外科は、食道がんなどの治療を専門に行う診療部門です。食道がんの進行度合いなどに応じて、消化管内科や、放射線治療科、放射線診断科などと連携した取り組みができるため、食道がんに関する治療はもちろんのこと、他部位への転移が起きた場合にも、迅速に治療方針を設定し、次の治療へと迎えます。

食道外科の手術症例としては、2016年だけで約160例。胸腔鏡と言って、開胸手術をしなくても、より患者さんへの負担を軽減して腫瘍を切除することのできる食道切除術も、2008年から取り組んでいます。こうした低侵襲性外科治療(身体への負担が少ない外科治療)に対して、積極的なのも、国立がん研究センター 東病院 食道外科の特徴の一つ。

術前に、補助療法として化学治療で小さくさせ、小さな傷でできる手術をする方針は、術後の早期回復を望む方や、手術による体力低下が心配な方にとっては嬉しい方針と言えるでしょう。

また、胸腔鏡下の切除術では、わきの下部分に手術器具を入れる直径1cm程度の穴を体に開け、行う手術です。そのため、手術後の手術痕も目立たず、女性にとっても体に残る傷が小さい手術方法です。

その他、腹腔鏡を使った、胃管の再建術にも取り組んでいます。

出典: 国立がん研究センター 東病院HP『食道外科』

血液腫瘍科

日本血液学会認定血液専門医や、薬物療法専門医が在籍し、化学療法や造血幹細胞移植療法に積極的に取り組んでいる血液腫瘍科。

2015年には、初診患者数が年間300人と実績も豊富です。造血幹細胞移植を行うための、クリーンルームも8床用意されているなど、診療設備も充実している点はさすが。

対象となる患者さんは、16歳以上の急性慢性白血病の方、骨髄異形性症候群の方、悪性リンパ腫の方、多発性骨髄腫の方などです。

また、血液腫瘍科では、従来のがん治療に加え、新たな抗がん剤の臨床試験を実施したり、細胞・免疫療法の開発にも積極的に取り組んでいます。

日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)や日本成人白血病研究グループ(JALSG)にも所属していますから、新しいがん治療を受けたいという方は、一度相談してみてもいいでしょう。

在籍ドクターは、日本血液学会で、血液専門医、指導医の資格を持つ南ドクターをはじめとし、先端医療開発センターにも籍を置く湯田ドクター、認定内科医と血液専門医の資格を持つ山内ドクター、血液専門医の宮本ドクターなど人材も豊富です。

出典: 国立がん研究センター 東病院HP『血液腫瘍科』

精神腫瘍科

精神腫瘍科とは、がん治療において、患者さんやご家族の心のケアをするために生まれた診療科です。

国立がん研究センター 東病院では、心療内科医や精神科医、心理士などのスタッフメンバーも加えながら、がん患者さんの心のケアに取り組みます。2017年度には、精神腫瘍科を訪れた外来新規患者数は581人。患者さんはもちろんのこと、ご家族の方も相談に訪れています。

がんと告知されてからは、不安やストレスで不眠など心の不調によるトラブルが生じることも少なくありません。そんなときに、専門家の立場から、どうやって体調と心の変化に付き合っていくのかをアドバイスするのも精神腫瘍科の役割の一つ。がんという病気にまつわる心のこと、体のこと、大人のこと、入院のことなど様々な不安に対してソーシャルワーカーや看護師な、緩和医療科医なども関わりながら適切なサポート体制も紹介してもらえます。

また、必要に応じて心をメンテナンスするための薬の処方やカウンセリングなども受けられますので、がん患者の方にとってはとても頼れる存在となるでしょう。東病院に入院している場合には、担当医や担当看護師に相談すれば、精神腫瘍科の支持療法チームが、ベッドサイドまで足を運び、相談にも応じてくれます。

このほか、精神腫瘍科では、認知症やせん妄、うつなどの症状の治療にも取り組んでいます。

出典: 国立がん研究センター 東病院HP『精神腫瘍科』

国立がん研究センター東病院の院長情報

病院長 西田 俊朗西田俊朗院長

国立がん研究センター東病院は人間らしさを大切にし、最新かつ最良の医療を提供するとともに、新しいがん医療の開発に向けて研究を進めています。世界最高レベルの治療と患者さんの気持ちを大切にすることを両立し、がんの征圧に向けて職員一同で取り組んでいきます。

引用元:国立がん研究センター東病院公式HP(http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html)

経歴

平成16~18年 大阪大学 / 大学院・医学系研究科 / 助教授
平成18~19年 大阪大学 / 医学(系)研究科(研究院) / 助教授
平成19~21年 大阪大学 / 大学院・医学系研究科 / 准教授
平成20~21年 大阪大学 / 医学(系)研究科(研究院) / 准教授
平成26年 独立行政法人国立がん研究センター

国立がん研究センター東病院

施設名 国立がん研究センター東病院
診療科目 頭頸部外科・頭頸部内科・形成外科・消化管内科・消化管内視鏡科・肝胆膵内科・食道外科・肝胆膵外科・胃外科・大腸外科・呼吸器内科・呼吸器外科・乳腺・腫瘍内科・乳腺外科・泌尿器・後腹膜腫瘍科・血液腫瘍科・放射線診断科・放射線治療科・緩和医療科・精神腫瘍科・麻酔・集中治療科・骨軟部腫瘍・リハビリテーション科・小児腫瘍科・先端医療科・歯科・遺伝診療科・病理診断科・脳神経外科・皮膚科・婦人科・眼科・プロジェクト外来
電話 04-7133-1111
所在地 千葉県柏市柏の葉6-5-1
駐車場 有り
ホームページはこちら
診療時間
時間
9:00~17:15(予約必須) - - -

予約方法

国立がん研究センター東病院では、初めての受診には初診予約が必要です。また、再診時にも予約が必要です。

初診の場合、原則、医師の紹介状が必要ですので、かかりつけ医に紹介状を書いてもらった上で、電話で初診予約をしましょう。紹介状がない場合には、初診料に加えて「初診時特定療養費」が約5,000円かかります。もったいないですから、ぜひ紹介状を書いてもらうことをお勧めします。

また、予約をしないで外来に来院した場合、診察が受けられないということはありませんが、混雑していればその日に診察が受けられないケースもあります。

受付時間は午前8時30分から11時。予約を取る際には、診察を受けしたい日の3日〜1週間前までには予約を取るようにしましょう。国立がん研究センター東病院のウェブサイトには初診の予約待ち時間の参考が掲載されています。例えば食道がんの診察をしてもらえる食道外科は待ち時間が「3日以内」。泌尿器科では「1週間程度」。血液腫瘍科は「2週間程度」と科によっても大きな差があります。事前に確認をお忘れなく!

・予約方法:電話(電話番号:04-7134-6991、受付時間:平日8:30〜17:15)

・初診診察受付時間:8:30〜11:00

・初診時に必要なもの:紹介状、保険証、検査データ

国立がん研究センター東病院の設備

手術室を12室、内視鏡手術室は16室と手術設備の充実した国立がん研究センター東病院。医師主導の治験数の数は日本随一で、臨床研究の中核病院として様々な設備を備えています。また、国内で初めて陽子線加速器(サイクトロン)1台と2室の回転ガントリー照射室からなる陽子線治療施設を導入。強度の強い陽子線をあらゆる角度から照射できる設備は短時間治療が可能で、がん治療の負担を軽減することができます。

先進医療技術の指定医療機関として「陽子線治療」「術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法」「経皮的乳がんラジオ波焼灼療法」「内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃切除術」「周術期カルペリチド静脈内投与による再発抑制療法」などの先進医療も実施しています。

いずれも確かな設備がないとできない医療ですから、こうした事例を見ても、国立がん研究センター東病院の設備の充実がうかがえるのではないでしょうか。

また、敷地内にはNEXT 医療機器開発センターを開設し、産学官・医工連携のもと、臨床現場で必要とされている革新的医療機器の開発も行っています。

このように、国立がん研究センター東病院では放射線治療に関しても先進の設備を整えているため、先端のがん治療を受けたい方にとっては受診する価値の大きい病院です。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら