ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

国立がん研究センター東病院

このページでは、国立がん研究センター東病院についての情報をまとめています。

国立がん研究センター東病院なら、希少がんも対応可能

国立がん研究センター1962年の設立以来、日本を支えるがん医療の拠点であり続けてきた国立がん研究センター。「東病院」は1992年に新しいがん専門病院として、千葉県柏市に新設されました。

「こころとからだにやさしいがん治療の実現」をモットーとしています。

引用元:国立がん研究センター東病院HP(http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html)

東病院の抗がん剤治療と、抗がん剤自体の開発技術は世界トップクラスの実績があります。外科領域でも高難度の低侵襲手術や治療、放射線に関しても日本で初めて陽子線治療施設を導入した病院です。

2011年、国から早期・探索的臨床試験拠点に選定。2012年より早期・探索臨床研究センター(EPOC)の一員として、国内外の有望な治療薬の開発から承認までを行い、日本の新薬開発にもたずさわっています。最新の治療を受けるのに、これほど整った安心できる環境は他にあまり見られないのではないでしょうか。

2014年からは、サポーティブケアセンターも開かれ、地域連携のもとでがんと診断されてから終末期まで切れ目のないサポートを提供する体制が整いました。

国立がん研究センター東病院のホームページ>>

国立がん研究センター東病院の治療方針

先端医療科

早期開発治験、特に第1相の臨床試験を中心とする治験や、臨床研究を実施している診療科です。

腫瘍内科を中心に科を横断するチームを組み、情報交換を行いながら最先端の治療を提供しています。従来の治験イメージと異なり、新たな分子標的治療薬や従来の抗がん剤だけでなく、免疫チェックポイントといわれる免疫制御を目的とした治療薬も開発をおこなっています。東病院は試験数(薬剤数)、治験に参加した患者さんの数も、国内にとどまらずアジアトップクラスの水準を保っています。

放射線治療科

放射線を利用した治療は、悪性腫瘍に対する根幹となる治療のひとつです。

放射線治療科では院内全ての科を受診する患者さんを対象に、疾患の種類や状態に応じてさまざまな放射線治療を提供しています。放射線治療医がひとりの患者さんにかかわる、他の外科医や内科医をはじめとした医療チームを組み、綿密な連携のなかで計画から治療までが進められていきます。

国立がん研究センター東病院の院長情報

病院長 西田 俊朗西田俊朗院長

国立がん研究センター東病院は人間らしさを大切にし、最新かつ最良の医療を提供するとともに、新しいがん医療の開発に向けて研究を進めています。世界最高レベルの治療と患者さんの気持ちを大切にすることを両立し、がんの征圧に向けて職員一同で取り組んでいきます。

引用元:国立がん研究センター東病院公式HP(http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html)

経歴

平成16~18年 大阪大学 / 大学院・医学系研究科 / 助教授
平成18~19年 大阪大学 / 医学(系)研究科(研究院) / 助教授
平成19~21年 大阪大学 / 大学院・医学系研究科 / 准教授
平成20~21年 大阪大学 / 医学(系)研究科(研究院) / 准教授
平成26年 独立行政法人国立がん研究センター

国立がん研究センター東病院

施設名 国立がん研究センター東病院
診療科目 頭頸部外科・頭頸部内科・形成外科・消化管内科・消化管内視鏡科・肝胆膵内科・食道外科・肝胆膵外科・胃外科・大腸外科・呼吸器内科・呼吸器外科・乳腺・腫瘍内科・乳腺外科・泌尿器・後腹膜腫瘍科・血液腫瘍科・放射線診断科・放射線治療科・緩和医療科・精神腫瘍科・麻酔・集中治療科・骨軟部腫瘍・リハビリテーション科・小児腫瘍科・先端医療科・歯科・遺伝診療科・病理診断科・脳神経外科・皮膚科・婦人科・眼科・プロジェクト外来
電話 04-7133-1111
所在地 千葉県柏市柏の葉6-5-1
駐車場 有り
ホームページはこちら
診療時間
時間
9:00~17:15(予約必須) - - -

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら