ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

大腸がん

高齢の方や遺伝によって発生しやすい、大腸がんについて解説します。

大腸がんとは

がんができる場所によって小腸に近い「結腸がん」と、肛門に近い「直腸がん」に分けられる大腸がん。大腸のなかでがんが最もできやすい場所は、直腸とS字結腸と呼ばれる場所です。

大腸がんは早期に治療すれば、内視鏡による手術や治療で完全に治すことができます。初期であれば粘膜下層がんで97%、粘膜がんでは100%の割合で外科的手術により、治すことのできるがんなのです。

ただ、早期がんの段階では、進行期に見られる血便や排便異常などの症状は現れません。そのため多くの消化器内科では、微量な出血の段階で大腸がんを発見するために、「便潜血反応検査」を実施します。この検査では、便に少量でも血液が混ざっていないかを調べることが可能です。

大腸がんは遺伝によって発生しやすいといわれているため、40歳以上で大腸がんの家系であり、大腸ポリープの経験や血便がある、便潜血反応検査で陽性反応が出るなどした場合には内視鏡による詳細な検査を受けたほうがいいでしょう

大腸がんの検査方法

大腸がんの検査には肛門からバリウムと空気を入れ、大腸を膨らませた状態でX線撮影をする「注腸造影検査」という方法がありますが、腸壁にできるがんの形状によっては見つからないこともあるので、現在ではあまりおこなわれていません。

一方、現在の主流である肛門から内視鏡を挿入して大腸をくまなく調べることができる「大腸内視鏡検査」は、注腸造影検査では発見しにくいがんも見つけることができます。

注腸造影(ちゅうちょうぞうえい)検査
バリウムと空気を肛門から注入して、レントゲンでの撮影をおこなう検査です。がんのできている位置や大きさ、大腸全体の様子を調べることができます。

大腸内視鏡検査
肛門から内視鏡カメラを入れ、大腸の内部をモニター画面で見ながら確認します。小さな腫瘍であればその場で切除したり、検査のために細胞の採取をしたりすることができます。

腫瘍マーカー
身体のどこかにがんがあると、異常な数値が出ることから腫瘍の有無を確認できる検査です。血液検査で、CEAやCA19-9という血液中の数値を調べます。

超音波検査
超音波を使って、大腸がんと周囲の臓器が接触していないかや、がんが転移していないかを調べます。

CT検査
X線を使うことで、身体の内部を描き出すことができる検査です。 「MRI検査」MRI検査は磁気を使用し、大腸の画像撮影をおこないます。

PET(ペット)検査
微量の放射性物質を含んだブドウ糖を注射し、がんに取り込まれる様子を撮影する検査です。全身に広がったがんの状態を調べることができます。

胃がんの病期(ステージ)

病気(ステージ)とは、がんの進行度合いを示す言葉です。「ステージ」とも呼ばれます。 大腸がんでは、進行に合わせて0期、I期、II期、III期、IV期に分類されています。大腸がんにおいてはがんの大きさにかかわらず、がん細胞が大腸の内側からどれだけ入り込んでいるか、周辺組織への浸潤(広がり)の具合、リンパや他臓器への転移があるのかによって決められます。ステージのクラス分けは以下の通りです。

0期

0期の大腸がんの状態は、粘膜下層までの浸潤となっており、まだリンパ節転移がない状態を指します。この段階で治療ができた場合、5年生存率は99%。

できる限り早期に見つけたほうが当然ながら5年生存率は高くなります。治療の基本は内視鏡切除術です。

大腸がんを根治させるためにはがんを残すことなく切除しなければなりません。そこで取られるのが内視鏡治療です。

0期はまだ浸潤が浅いこともあり、内視鏡のみで取り除ける可能性も高いのです。肛門から内視鏡を入れ、ポリペクトミーと呼ばれる内視鏡とワイヤーを使った治療法や、EMRと呼ばれる病変を浮き上がらせてから焼き切る治療法のほか、ESDと呼ばれる電気メスで剥ぎ取る方法をなどが代表的です。

参考:(PDF)愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部:大腸がんハンドブック[PDF]

1期

1期は粘膜下層までの浸潤にとどまっている状態であり、またリンパ節転移が見られません。
こちらの場合、5年生存率は90.0%。

99%の5年生存率を誇る0期に比べると落ちますが、それでもかなり初期段階といえるでしょう。手術については内視鏡手術と鏡視下手術が行われます。

先述した内視鏡治療のほか、鏡視下手術も行われるのですが、鏡視下手術は患者さんへの負担が小さい治療法として注目されています。
小さな傷で済むので回復も早く、入院期間を短く済ませられるのも大きな魅力だといえるでしょう。

病院によっては進行がんも腹腔鏡下手術の対象としているところもあり、開腹手術に比べると出血量も少なく、1期など初期に発見されたものは腹腔鏡下手術で対応できる可能性も高いです。

参考:(PDF)特集:ここまできた低侵襲性がん治療の進歩:大腸癌に対する腹腔鏡下手術[PDF]

2期

がんの状態は、筋層から漿膜(しゅんまく)にがんが浸潤しているものの、転移がみられない状態のことをいいます。
5年生存率は90.8%。ここまで症状が進行した場合、基本的な治療は開腹手術となります。

また、2期の大腸がんに関して、術後補助化学療法の有用性は確立されていません。そのため、必ずしも補助化学療法が効果的とは言えないのです。
判断は医師によって異なるため、しっかり相談しておきましょう。

参考: 大腸癌研究会:大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版

3A期・3B期

3A期とは、3個以下のリンパ節転移があるほか、リンパ管とリンパ節ががんに浸潤されている状態のこと。
3B期とは、4個以上のリンパ節転移があるほか、リンパ節ががんに強く浸潤されている状態のことをいいます。

5年生存率は81.6%。リンパ節転が認められた場合にはD3郭清(栄養血管の根元部分にある主リンパ節の切除)を行う他、3A期・3B期に入ってくると新たに抗がん剤治療という選択肢が出てきます。

参考: 大腸癌研究会:大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版

また、標準治療だけでは十分な効果が得られなかった場合には「樹状細胞がんワクチン」を選択することもあり、こちらは標準治療と組み合わせることによって効果が期待される免疫療法です。

4期

大腸からリンパ管・リンパ節・静脈を通ったがんが転移している状態のことをいいます。5年生存率は極端に低くなり、18.1%。

治療は開腹手術、抗がん剤治療、先述した樹状細胞がんワクチンなどです。

遠隔転移巣の切除が可能で原発巣の切除もできる場合はそれぞれの切除を行いますが、原発巣の切除ができなかった場合は両方において切除以外の対応を取ることになります。

また、遠隔転移巣の切除が不可能ではあるものの原発巣の切除が可能で、さらに原発巣による症状がある場合には原発巣は切除し、転移巣に関しては切除以外の対応を取ることになるので医師の説明をよく聞いて理解を深めましょう。

参考: 大腸癌研究会:大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版Stage 0~Stage Ⅲ大腸癌の治療方針

参考: 大腸癌研究会:大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版Stage Ⅳ大腸癌の治療方針

治療方法

結腸がんも直腸がんも、初期であれば切除が治療の中心になります。ただし、がん細胞が周囲の組織に浸潤している可能性がある場合、直腸がんの手術は難しいものになります。直腸の周囲には排尿・排便・男性機能などをつかさどる神経や筋肉が密集していて、がんを切除するときにそれらを傷つけてしまうかもしれないからです。

大腸がんの治療では、外科療法・化学療法・放射線療法を組み合わせて治療をおこなっていきます。また大腸は抗がん剤や放射線が効きにくいため、薬剤や放射線を使う場合でも手術前にがんを縮小させたり、手術後に細かく散らばったがん細胞を死滅させたりするといった補助的な役割で用いられます。

進行した場合の治療方法

大腸がんは抗がん剤が効きにくいがんであるため、抗がん剤のみで治療することはありません。また放射線治療も正常な大腸組織を損傷するので、基本的にはおこなわれません。

一方、直腸がんの場合には、陽子線・重粒子線治療がメインの治療法となります。手術に比べて通常の放射線治療による消化管出血,腸管穿孔などの副作用も起こりにくいので、これらを組み合わせた治療法が取られることが多いようです。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら