ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

膵臓がん

こちらでは、膵臓がんの症状や検査方法、実際の治療方法などについて解説しています。
膵臓がんかもしれないと思ったときにどのような点を確認すればよいか、また病院で検査する際の流れなど、事前に知っておくといざというとき慌てずに済みます。

膵臓がんとは

膵臓は、胃の後ろにある左右に伸びた細長い臓器を指します。膨らんだ部分が膵頭部と呼ばれ、十二指腸に囲まれている部分、狭くなっている部分が膵尾部と呼ばれる脾臓に接している部分です。
真ん中の部分が体部と呼ばれ、膵管という細長い感が膵臓を貫いて伸びています。

膵臓がんの9割は膵管の細胞に発症します。
膵臓がんのほかには、神経内分泌腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍などがありますが、一般的に膵臓がんと呼ばれるのは膵管の細胞にできたがんです。
膵臓は胃の後ろ、体の奥のほうにある臓器なので、発症しても症状が出にくく、早期発見が難しいといわれています。
進行してくると腹痛や食欲不振などの症状が現れるほか、横断、腰や背中の痛みといった症状が表れます。
ただしこれらの症状は、膵臓がん以外の理由でも起こり得る症状であるため、膵臓がんであっても自分が膵臓がんであるという考えに結びつかないケースがとても多いです。

膵臓がんは女性よりも男性のほうがやや発症率が高いといわれており、若い世代よりも高齢者のほうが多いといわれています。
特に60歳以降から高齢になるほど増えていくそうです。
膵臓がんの発生要因は、糖尿病の人や、遺伝要素が強いといわれていますが、そのほか肥満や喫煙なども発生要因として挙げられます。

膵臓がんの検査法

膵臓がんの検査は、エコーやCT、MRIなどによって行われます。
これらの検査で診断が確定できなかった場合は、病状に合わせてさまざまな検査を行い、総合的に判断を下します。

腹部超音波検査

膵臓のある部分にプローブを充て、超音波で臓器の状態を観察します。
エコー検査とも呼ばれるこの検査は、患者の身体的安負担が少ない上に比較的カンタンに行えるので、まずはエコーで膵臓を観察することが多いです。
ただし、体型や臓器の状態によってうまく見えない場合もあるため、その場合はほかの検査と並行して検査を行います。

超音波検査には、腹部検査のほかに超音波装置がついた内視鏡を口から入れて、直接膵臓などに超音波を充てて検査をする「超音波内視鏡検査(EUS)」という検査方法もあります。
エコー検査よりも臓器や病変の状態をより詳細に確認できるため、エコー検査で膵管拡張や膵嚢胞が見られた場合にさらに状態を確認するために行われます。

CT検査

X線を用いて体の内部を視覚化し、臓器の状態を検査する方法です。
膵臓がんの検査においては、マルチスライスCTという造影剤を使用して検査が望ましいとされています。
この検査は多方向から膵臓の状態亜を確認できるほか、血流や病状を詳しく見ることが可能です。
ただし喘息などアレルギー体質の人はや、腎機能が悪い人は副作用が起こる危険がありますので、事前に医師に申告する必要があります。

MRI検査

磁気を使用して体の内部を確認することができる検査になります。
こちらもアレルギー体質の人、腎機能が悪い人は副作用が発生する可能性があります。
MRI検査は、一般的な検査方法のほかに、MRIを使用して膵管の状態を調べることができる「MR胆管膵管撮影」という検査方法もあります。

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

口から内視鏡を入れて、先端を十二指腸にとどめた状態で膵管と胆管の出口に細い管を介して撮影剤を注入し、膵管や胆管のX線撮影を行う検査です。
このときに、膵管内の組織を採取する検査を行う場合もあります。

そのほかの検査

上記に紹介した検査方法のほかにも、PET検査や経皮経肝胆道造影検査、血液検査など、膵臓がんを調べる検査にはさまざまな方法があります。
ただし検査方法によっては、ほかの病気が原因で高い数値を出すことや、正しい数値が出ないこともあるので、いくつかの検査を並行して行い、診断を行うことが多いです。

膵臓がんの治療法

薬物療法

がん細胞の増殖を防ぐ、がん細胞自体を破壊するために、抗がん剤を用いて治療を行います。
転移や再発を防ぐ効果が期待できます。
化学療法でも抗がん剤を用いて治療を行いますが、化学療法ではほかの種類を組み合わせて治療することもあります。

放射線治療

がんが発生している場所に放射線を当て、がん細胞を死滅させます。
放射線治療は正常な細胞にも同様に作用してしまいますが、正常な細胞はがん細胞よりも放射線治療による障害が低いとされているため、がん細胞を中心に作用すると考えられています。
ただし食欲低下や嘔気、嘔吐、皮膚トラブルなどの副作用が起こりやすいです。

手術

膵臓がんの手術にはさまざまなものがありますが、がんのある部分やその周りの部分を切除する手術を行います。

ステージ4の膵臓がんに対する治療方法

ステージがいくつだった場合でも、先にご紹介した治療法で膵臓がんの治療を行うことが基本となりますが、ほかの臓器への転移がある場合や手術で切除することができなくなってしまった場合などは、化学療法や抗がん剤を用いた治療が中心となるケースが多いようです。
できるだけがんを制御し、痛みなどの辛い症状を和らげるために、元気に生活できる期間を延ばすことを目的とした治療を行います。
ほかにも、放射線療法を試みる医師もいますが、ステージ4と診断された膵臓がんは、切除や根治が難しいため、少しでもがんを制御するための治療を行うことが適切だと考えられています。
手術ができなくても、こうした内科治療が効果を発揮し、長い間元気に生活されている方も少なくありません。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら