ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

前立腺がん

男性しか発症しないがんである、前立腺がんについての情報を掲載しています。

前立腺がんとは

膀胱の下にある前立腺は、男性特有の臓器です。前立腺の病気は細菌感染による前立腺炎と、良性または悪性腫瘍のふたつに分けられます。腫瘍が良性である場合には「前立腺肥大症」、悪性の場合が「前立腺がん」と区別されています。

前立腺がんは、ゆっくりと進行する特徴を持ったがんです。がんが見つかっても慌てて治療をせず、ゆっくりと治療方針を決めることができる余裕がある一方で、症状が出にくいため進行しないと見つかりにくいがんでもあります。

初期は無症状であることが多く、進行するにしたがい「尿が出にくい」「排尿の回数が増える」「残尿感を感じる」などのさまざまな排尿障害が現れてきます。以前は、高齢になれば排尿障害が出るのは当たり前であると考えられていたので、前立腺がんを早期に発見できるのは稀なことでした。

前立腺がんの検査法

前立腺の腫瘍マーカーである「PSA」を静脈からの血液検査で調べることができる、「PSA検査」が1次検査の基本です。平成天皇が前立腺がんの摘出手術をして以来、無症状でもPSA検査をおこなう中高齢男性の数が増えました。さらに2003年時点で、全国自治体の約半数が集団検診にPSA検査を加えています。

PSA検査
前立腺がんになると、血液中にPSAという数値が増加します。血液検査により、この数値を調べることができます。現在、症状の出にくい前立腺がんの早期発見には一番有効であるといわれている検査です。

直腸診・経直腸的前立腺超音波検査
血液検査でPSA値に異常が見られた場合には、医師が肛門から指や超音波機器を挿入して前立腺を調べる検査を実施します。

生検
前立腺生体組織検査といわれる、細い針で前立腺を刺し、組織を採取しておこなう検査のことです。 「画像診断」もしも前立腺がんと診断された場合には、がんの広がりを確認するためにCT検査やMRI検査などで画像による診断をおこないます。

前立腺がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行度合いを示す言葉です。「ステージ」と表すこともあります。前立腺がんでは症状に対しての細かい分類方法があり、がんの大きさやできている場所、個数によって2つの方法でクラス分けがされています。

それはA~Dの分けかたと、TNM分類法とよばれる分けかたです。 日本では、転移の状態に合わせたA~D 4段階の分類法がよく使われています。 AがステージⅠ、BがⅡ、CがⅢ、DがⅣに該当します。

治療

前立腺がんにおいてごく初期の、PSA検査では反応があるものの悪性度が低い場合には、手術はせず経過観察となります。

前立腺の両側にがんがあり、細胞の悪性度が中程度もしくは高いと判断された場合には手術適用です。がんが進行するに従い、放射線やホルモン療法が主な治療法となります。

進行した場合の治療方法

前立腺がんは、男性ホルモンの影響により成長するがんです。そのため、手術のできないステージである場合には一番にホルモン療法がおこなわれます。

使われるのは「LH-RHアナログ剤」「抗アンドロゲン剤」「女性ホルモン」の注射や内服薬です。その他、放射線療法として通常の外照射のほか、「小線源療法」「重粒子線療法」「密封小線療法」が治療に採用されています。なかでも密封小線療法は、前立腺のなかに線源を埋め込むため、がんに対し至近距離から十分な線量を照射できるとして注目を集めている方法です。また、トモセラピーも一か所に多くの放射線をあてることができるため、前立腺治療に向く方法として多くの治療がおこなわれています。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら