ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

前立腺がん

男性しか発症しないがんである、前立腺がんについての情報を掲載しています。

前立腺がんとは

膀胱の下にある前立腺は、男性特有の臓器です。前立腺の病気は細菌感染による前立腺炎と、良性または悪性腫瘍のふたつに分けられます。腫瘍が良性である場合には「前立腺肥大症」、悪性の場合が「前立腺がん」と区別されています。

前立腺がんは、ゆっくりと進行する特徴を持ったがんです。がんが見つかっても慌てて治療をせず、ゆっくりと治療方針を決めることができる余裕がある一方で、症状が出にくいため進行しないと見つかりにくいがんでもあります。

初期は無症状であることが多く、進行するにしたがい「尿が出にくい」「排尿の回数が増える」「残尿感を感じる」などのさまざまな排尿障害が現れてきます。以前は、高齢になれば排尿障害が出るのは当たり前であると考えられていたので、前立腺がんを早期に発見できるのは稀なことでした。

前立腺がんの検査法

前立腺の腫瘍マーカーである「PSA」を静脈からの血液検査で調べることができる、「PSA検査」が1次検査の基本です。平成天皇が前立腺がんの摘出手術をして以来、無症状でもPSA検査をおこなう中高齢男性の数が増えました。さらに2003年時点で、全国自治体の約半数が集団検診にPSA検査を加えています。

PSA検査
前立腺がんになると、血液中にPSAという数値が増加します。血液検査により、この数値を調べることができます。現在、症状の出にくい前立腺がんの早期発見には一番有効であるといわれている検査です。

直腸診・経直腸的前立腺超音波検査
血液検査でPSA値に異常が見られた場合には、医師が肛門から指や超音波機器を挿入して前立腺を調べる検査を実施します。

生検
前立腺生体組織検査といわれる、細い針で前立腺を刺し、組織を採取しておこなう検査のことです。 「画像診断」もしも前立腺がんと診断された場合には、がんの広がりを確認するためにCT検査やMRI検査などで画像による診断をおこないます。

前立腺がんになりやすい人

前立腺がんに関する危険因子についてはまだ特定されていません。ですが、遺伝的な要因が強いと言われているので、親族に前立腺がんにかかった方がいる場合は十分に注意しておかなければなりません。 一般的に前立腺がんは加齢に伴って発症する確率が高くなってくるのですが、家族内に前立腺がんの方がいる場合は若年での発症をしてしまう可能性もあります。

また、患者数でみると欧米国に多く見られる病気です。そこで、欧米国の食生活に似ている食事を取っている方は注意が必要とされています。欧米国では動物性脂肪を摂取する機会が多いということもあり、普段の食生活の中で動物性脂肪をたくさん摂取している方は前立腺がんになりやすいといえるでしょう。

食生活に注意が必要

動物性脂肪と言われてもピンと来ない方も多いかもしれません。これは動物の体内に含まれている脂肪のことで、肉やバター、ラードなどが代表的です。他にもチーズや牛乳、アイスクリームなどにも含まれます。

例えば、日本人がカロリーが高くて脂肪が多い食事を取っているアメリカなどの国に移住した場合、日本国内で過ごしている方に比べると前立腺がんになるリスクが高まるそうです。 ここからも食生活が前立腺がんの発症と関わっている可能性は高いといえるでしょう。

食生活の中でほとんど野菜を取り入れていない方も前立腺がんになりやすい人だといえます。野菜は前立腺がんの予防に効果的と言われており、特にブロッコリーや小松菜といったアブラナ科の野菜やトマト、大豆などは予防効果が高い食材とされているのです。 何か1つの食材だけを積極的に取り入れるというよりも、総合的にみてバランスの良い食生活を目指しましょう。適度な運動を行うことも重要なので、運動を全くしていない方も注意が必要です。

参考:『EBM に基づいた前立腺癌診療ガイドライン 2006 年度版―要約』厚生労働科学研究費 医療技術評価総合研究事業 日本泌尿器科学会 前立腺癌診療ガイドライン作成班
http://www.urol.or.jp/info/guideline/data/17_prostate_cancer_diagnosis_ebm_2006.pdf

参考:『がん治療センターニューズレター』堀江 重郎
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/cancer/news/news017.pdf

PSAとは?

PSAとは、英語で前立腺特異抗原のことを指す「prostate specific antigen」の略です。精液中に分泌されるタンパク質の一種であり、受精にも欠かせません。

人間ドックでもPSAを中心とした前立腺検診が行われることがあります。前立腺がんになるとPSA値が高くなることから、この数値が高ければがんの疑いがあると判断され、そこから詳細な検査を行っていくことになるのです。 実際にPSA測定を用いた検査によりがんが発見されることは珍しくありません。

前立腺癌検診での癌発見率は,PSA測定のみによる前立腺癌検診では,50~54歳では0.09%,55~59歳では0.22%,60~64歳では0.42%,65~69歳では0.83%,70~74歳では1.25%,75~79歳では1.75%と報告されており25),検診導入による,早期癌発見率の上昇も確認されている

出典:『EBM に基づいた前立腺癌診療ガイドライン 2006 年度版―要約』厚生労働科学研究費 医療技術評価総合研究事業 日本泌尿器科学会 前立腺癌診療ガイドライン作成班
http://www.urol.or.jp/info/guideline/data/17_prostate_cancer_diagnosis_ebm_2006.pdf

ただ、「PSA値が高くなっている=前立腺がんである」と特定できるわけではありません。というのも、PSA値は前立腺肥大症や前立腺炎などが原因で数値が高くなることもあるからです。 詳細については病院で詳しい検査を受けてみなければわからないといえるでしょう。 一般的な数値は0~4ng/mLです。しかし、これが4~10ng/mLになるとグレーゾーンといわれる判断になります。健康診断などで後逸数値が出てしまった場合には要注意ということですね。この数値になると25~40%の割合でがんが発見されます。

しかし、PSA値が10ng/mL以上であれば必ずしも前立腺がんが発見されるわけではなく、4ng/mL以下で発見されるケースもあるため、数字だけをあてにすることはできません。100ng/mLを超えるような場合は前立腺がんが強く疑われるだけでなく、転移の可能性も高いです。 前立腺がんの危険因子の1つに年齢が挙げられるため、先述した「前立腺がんになりやすい人」に該当しなかったとしても年を取ってからは年に一度ほどPSA検査を受けましょう。

検査というと少し戸惑ってしまう方もいるかもしれませんが、採血のみの簡単な検査となっているので、早期発見のためにもできる限り検査を受けた方が良いでしょう。特に家族の中に前立腺がんにかかった方がいる場合は万が一の可能性も考え、定期的に検査を受けた方が安心です。

前立腺がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行度合いを示す言葉です。「ステージ」と表すこともあります。前立腺がんでは症状に対しての細かい分類方法があり、がんの大きさやできている場所、個数によって2つの方法でクラス分けがされています。

それはA~Dの分けかたと、TNM分類法とよばれる分けかたです。 日本では、転移の状態に合わせたA~D 4段階の分類法がよく使われています。 AがステージⅠ、BがⅡ、CがⅢ、DがⅣに該当します。

治療

前立腺がんにおいてごく初期の、PSA検査では反応があるものの悪性度が低い場合には、手術はせず経過観察となります。

前立腺の両側にがんがあり、細胞の悪性度が中程度もしくは高いと判断された場合には手術適用です。がんが進行するに従い、放射線やホルモン療法が主な治療法となります。

進行した場合の治療方法

前立腺がんは、男性ホルモンの影響により成長するがんです。そのため、手術のできないステージである場合には一番にホルモン療法がおこなわれます。

使われるのは「LH-RHアナログ剤」「抗アンドロゲン剤」「女性ホルモン」の注射や内服薬です。その他、放射線療法として通常の外照射のほか、「小線源療法」「重粒子線療法」「密封小線療法」が治療に採用されています。なかでも密封小線療法は、前立腺のなかに線源を埋め込むため、がんに対し至近距離から十分な線量を照射できるとして注目を集めている方法です。また、トモセラピーも一か所に多くの放射線をあてることができるため、前立腺治療に向く方法として多くの治療がおこなわれています。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら