ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

子宮がん

早期発見で助かる可能性の高いものの、近年患者数が増えている傾向にある子宮がんについてご紹介します。

子宮がんとは

子宮がんはがんのできている部位によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類に分類されます。これらをまとめた総称が「子宮がん」です。

子宮頸がん

子宮頸部にできるがんのことで特に20代~30代の女性に多く見られます。若いうちに発見されるがんは進行が早いものが多いです。子宮頸部の場合は癌細胞の増殖がそれほど早くないため、定期検診を受けていれば早期に発見できる可能性が高いです。

大きな原因は性行為によって感染するヒトパピローマウイルスにあります。しかし、免疫力の低下や私生活の乱れも原因の一つになると言われているため、誰でもリスクのあるがんだといえるでしょう。

子宮体がん

子宮体部にできるがんのことで40歳代後半に発生するがんです。そのため、閉経後はリスクが高まるといえるでしょう。

子宮内膜が過剰に増殖することに原因があります。

子宮がんの検査方法

子宮頸がんの検査では細胞診、エコー検査、CT・MRI検査、拡大鏡を使って粘膜を観察するコルポスコープ診、組織診などが行われます。すべて行われるわけではありません。疑わしいものがあった場合に再検査で行われる精密検査もあります。

子宮体がんの場合は子宮内膜部分から組織を採取し検査を行うのですが、痛みや出血があるのが特徴です。

定期検診を受けているから100%安心か?というとそうではありません。例えば、公費負担で受けられる子宮がん検診の場合、主に子宮頸がんになっていないかを診察しているため、子宮体がんになった場合は発見できない可能性があるのです。

子宮体がんは痛みを伴う検査ということもあり選択制になっているものも多いのですが、万全を期すためにはこちらの検査も行っておきましょう。

子宮がんの病期(ステージ)

子宮頸がん

Ⅰ期…肉眼では確認できないものの組織学的にのみ診断できる浸潤がんがⅠa期、病変が臨床的に確認できるものやⅠa期を超える浸潤が見られるものはⅠb期となります。

Ⅰa期の中でもⅠa1期と呼ばれる段階であれば子宮温存が可能な円錐切除術を選択できる場合も多いです。

Ⅱ期…手術や術後の化学療法を中心に治療を行う段階で子宮頚部以外にがんが広がっているものの骨盤壁もしくは膣壁の下3分の1に達していない状態のことです。

Ⅲ期…Ⅲ期になると手術が難しく、がんが骨盤壁まで達している状態です。

Ⅳ期…小骨盤腔へがんが広がっている、または膀胱・直腸の粘膜に広がりが見られる状態です。

5年生存率はⅠ期が87%、Ⅱ期が75%、Ⅲ期は48%、Ⅳ期は26%となります。

子宮体がん

Ⅰ期…子宮体部のみにがんが留まっている状態です。

Ⅱ期…子宮体部を越えたがんが子宮頸部に広がっている状態です。

Ⅲ期…子宮外に広がってはいるものの骨盤は超えていない状態、または骨盤内・大動脈周囲のリンパ節転移があります。

Ⅳ期…骨盤を超えたがんが膀胱などの別の部位や粘膜に広がる、または他の臓器への遠隔転移がある状態です。

5年生存率はⅠ期が87%、Ⅱ期が76%、Ⅲ期は51%、Ⅳ期は19%となります。

5年生存率を見てもわかるように、できるだけ早い段階でがんを発見し、適切な治療をすることで生存率は高まるので、しっかり定期検査を受けることが重要です。

子宮がんの治療法

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分かれるわけですが、それぞれどのステージにあるのかによって治療法は大きく異なります。

子宮体がんの治療

Ⅰ期・Ⅱ期

外科的治療として手術で子宮全摘出術±両側付属器切除術を行うことになります。これにより卵巣・卵管などを切除し、所属リンパ節切除術などが行われるケースもあるので医師に確認しましょう。

Ⅲ期・Ⅳ期

症状に合わせて最適な治療法を検討していく形となります。Ⅲ期・Ⅳ期でも手術ができる場合は外科治療を行い、難しい場合や抗がん剤の方が効果的と判断された場合には化学療法も行うことになるのです。他、放射線治療も基本的な治療法として行われます。

子宮体がんの場合、治療を行った後にリスク判定があり、そこで中リスクや高リスクだと判断された場合には抗がん剤治療による化学療法、放射線治療、ホルモン療法などによる治療が行われるのが基本です。

参考:『子宮体がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ』国立がん研究センター がん情報サービス
http://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000ul0q-att/143.pdf

子宮頸がんの治療

0期とⅠa期

0期だった場合、円錐切除術を取られるのが一般的です。この段階で浸潤が見られなかった場合はここで治療完了となります。治療後に再発した場合には再度子宮頚部円錐切除術を行うことが多いのですが、場合によっては子宮全摘出術についても検討していかなければなりません。

また、レーザー蒸散術や冷凍凝固療法を行った後の再発にも同じような対応がなされます。

Ⅰa期に入った場合、子宮を残せるかどうかは状態によって変わってくるので、医師の診察をよく聞き、最適な治療法について考えていかなければなりません。条件は定められているものの、症状によっては子宮温存も可能です。

Ⅰa2期2入るとリンパ節郭清を含む準広汎子宮全摘出術以上の手術が推奨されることになるでしょう。そのため、子宮を残すためにはできる限りⅠa期よりも前の段階で早期発見を目指すことが重要になってきます。

Ⅰb期・Ⅱ期

Ⅰb期・Ⅱ期に入ると放射線の治療が行われることになります。広汎子宮全摘出術以上が基本となりますが、医師とよく相談をしましょう。年齢などによっても治療法は異なります。

Ⅲ期・Ⅳa 期

この段階に入ると放射線治療単独では思うような効果が期待できなくなるため、同時化学放射線療法であるCCRTが選択されることになります。ただし、Ⅲ期やⅣa 期に限定したCCRT治療のデータが十分にあるとは言えないため、不明な点などがあれば医師によく確認することが大切です。

参考:『クリニカルレクチャー 2)子宮頸癌治療ガイドライン』近畿大学 井上 芳樹
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6009-168.pdf

参考:『子宮頸癌治療ガイドライン2011年版』金原出版
https://jsgo.or.jp/guideline/keigan.html

子宮がんの進行スピード

子宮がんと診断された場合、気になるのがどのような進行スピードの病気なのか?ということですよね。

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんといった2つのがんの総称です。どちらも併せて子宮がんと言われることがありますが、進行のスピードは同じではありません。

このうち、特に進行速度が速いと言われているのは子宮頸がんとなっています。というのも、一般的に子宮頸がんでは若い女性に発生することが多いがんということもあり、細胞分裂が活発に行われてしまうのです。

細胞分裂が行われるほどがんが進行するため、結果的に進行速度が速くなります。ウイルス感染によって異形成が起き、自然治癒しなかったものについては3~10年かけて子宮頸がんに発展するのですが、がんができた場所によっては発症から1年以内に末期まで進行する可能性もゼロではありません。

一方で子宮体がんは閉経後の女性に発生しやすいがんということもあり、進行速度はそれほど速くないのが特徴です。不正出血があって慌てて病院に駆け込む方が多いですが、不正出血があったとしても子宮体がんの場合はまだ初期の段階である可能性が高いといえるでしょう。

反対に子宮体がんの場合は不正出血があると症状が進行しているサインといえます。

いずれにしても何となくおかしいな…と感じたらできるだけ早く病院を受診し、早期発見に努めることが重要だといえるでしょう。同じ子宮がんでもどこにできたがんなのかによって進行速度が異なるので、診察を受けたあとは医師の指導をよく聞き、次回の診察はいつ受ければ良いのかしっかりと確認しておいてください。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら