ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

抗がん剤療法

薬剤を用いでがんの進行を防ぐ、抗がん剤療法について解説します。

代表的な癌治療方法である抗がん剤治療

手術療法や放射線療法とあわせ、抗がん剤療法はがんにおける三大治療のひとつであるといわれています。

医師が抗がん剤治療をおこなうには、医師免許以外に次の資格が必要となります。ひとつめは外科医が取得できる「がん治療認定医」です。この資格は、日本がん治療学会が中心になってつくった、日本がん治療認定医機構が管理しています。

もうひとつは、日本臨床腫瘍学会が認定している「がん薬物療法専門医」です。この資格は腫瘍内科医を目指す内科医が取得できます。実は、外科医として手術を主におこなうがん治療認定医の数に比べ、本来の意味で抗がん剤のエキスパートであるはずの腫瘍内科医、すなわちがん薬物療法専門医は圧倒的に数が不足しているのです。

地域医療を支えているクリニックや診療所を開いている内科医の多くは、抗がん剤についての知識があまり豊富ではありません。そのため、抗がん剤の点滴投与や処方をあまりしない傾向があるようです。

副作用について

抗がん剤とは、いったいどのような薬なのでしょうか。この薬は点滴、注射、または飲み薬として処方され、体内に入ると血液に乗って全身を巡りがん細胞を攻撃する薬です。

手術や放射線と異なり局所的な治療ではなく、全身にその効果が及びます。がんが転移している可能性があることを考えると、いいことが多いように感じますが、全身に影響が出るぶんそれだけ正常な組織を傷つける可能性も増えるのです。その結果、副作用がおこります。

抗がん剤の副作用として、脱毛する可能性があることをご存じの方は多いのではないでしょうか。これは毛根細胞が傷つくことが原因でおきる症状です。ほかにも造血細胞が傷つくことで貧血になりやすくなったり、白血球が減り抵抗力が落ちることで感染症にかかりやすくなったりします。吐き気や嘔吐も、抗がん剤の副作用として代表的な症状です。

しかし、最近では副作用を抑える薬が登場し、抗がん剤の治療成績は大きく向上しています。以前は副作用が強く、体力の低下により治療の継続を諦めざるをえなかったケースも、今では副作用を抑えることで治療を続けることができるようになったからです。

唯一、今でも解消できない問題があります。それは、脱毛です。抗がん剤を開始すると、かなりの確率で毛根細胞がダメージを受けて、髪が抜けてしまいます。しかし、社会的にがん治療への知識が増えてきたことや、専用のウイッグが販売されるようになったことから、世間的な理解が得られるようになってきています。脱毛を期間限定のものと考え、ウイッグなどを数種類ほど揃えて、楽しみながら乗り切る患者さんが増えてきました。

抗がん剤の種類と効果

抗生物質

がん細胞のDNAと結びつくことにより細胞を破壊したり、DNAが複製されるのを阻害する働きがあります。

アルキル化剤

がん細胞のDNAに対して原子の塊であるアルキル基と呼ばれるものを付着させることにより、DNAの正常な結合を防ぐ抗がん剤です。これによりDNAがうまくコピーできない状態になり、がん細胞が死滅します。

植物アルカロイド

微小管阻害剤のほか、トポイソメラーゼ阻害剤があります。 DNAが分裂し、複製される際にはタンパク質である微小管によって引き寄せられるのですが、微小管阻害剤は微小管の働きを低下させることによりがん細胞が増えるのを抑えられるのです。 それから、細胞分裂が行われる際にDNAの切断と再結合の働きを持った酵素であるトポイソメラーゼがうまく働けないように邪魔する役割を持っているのがトポイソメラーゼ阻害剤となります。

分子標的薬

目的のがん細胞をねらって効果的に効率よく働きかける抗がん剤です。分子レベルでがん細胞をとらえられるのが特徴ではありますが、使用する分子標的薬の種類によっては重い副作用も確認されているため、医師とよく相談した上で取り入れていく必要があります。

代謝拮抗薬

DNAが合成される際に必要になる酵素を阻害する働きがあります。DNAの合成を抑えることによりがん細胞の増殖も抑えられるのです。

ホルモン剤

ホルモンが増えることによって促進されるがんの治療に使われます。ホルモンの分泌を止めることでがんの病巣が成長できなくなる性質を活かして行われる治療法です。特に乳がんの治療で活用されています。

プラチナ製剤

DNAが複製されるのを邪魔する働きを持っているほか、がん細胞を自滅に導きます。

生物学的応答調節剤

人間の体の中には病気と闘う免疫機能が備わっています。生物学的応答調節剤はその免疫機能を活性化させることによりがんを抑える方法です。

抗がん剤の費用

同じ抗がん剤でもどのような使い方をするのか、どのようなサイクルで行うのかによって費用に 違いがあるため、一概にはいえません。医師とよく相談をし、費用について確認しておきましょう。 一般的には1回の治療に6週間ほどかかり、人それぞれ何クール実施するかが違うので、こういったポイントもよく確認しておかなければなりません。

連続して抗がん剤治療を行うのではなく、抗がん剤によって損傷を受けた正常な細胞が回復してから次のクールに移ります。休薬期間を設けることによって効率よく治療を行っていくことができるのです。 それから、注意しておかなければならないのが健康保険適用外の抗がん剤があるということ。病院でがん治療を受ける際に必ずしもすべてが保険適用になるわけではありません。飲み薬だけでも一錠あたり何千円といった費用が発生します。点滴でも数万円の費用が発生するため、医師の判断でどのような治療が選択されるかによって違いは大きくなるのです。

人によって最も効果を出すために必要な量も違います。体の大きさが少し変わるだけでも必要量は変わってくるわけなので、自分の場合はいくらの治療費がかかるのかよく相談した上で理解しましょう。 一般的に、健康保険というのは最低限の補償を行うための制度であるため、未承認の抗がん剤を使う場合などは対象になりません。自由診療になると一気に自己負担額が大きくなるため、費用についてもよく確認が必要です。

治療法によっては高額療養費制度の対象になり、一定の額を超えた金額については還付金が受けられるものもあります。また、高額になりがちな抗がん剤の費用を賄うためにがん保険に加入しておくと安心です。こういったものも上手に役立てながら治療を進めていきましょう。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら