ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

免疫療法

免疫療法は、最近注目を集めつつある方法です。

これは、人間が本来持っている免疫の力を回復させてがんに立ち向かおうとする方法のことをいいます。免疫のシステムに何らかの方法で刺激を与えて活性化を試みる療法で、民間療法をはじめ公的機関が関わっているものなどさまざまな方法が開発されています。

「第4のがん治療」として期待される免疫療法

公の機関が実施している研究としては、慶應義塾大学の「樹状細胞療法」が有名です。

人間の身体には、自分を守るための免疫という仕組みがあります。この仕組みは、ウイルス細菌が入ってきた場合はもちろんのこと、がん細胞のような異常な細胞ができたときにもそれを排除してくれます。そのため、多くの突然変異をおこした細胞は免疫によって一掃されているのですが、なかにはチェックが行き届かずに逃げ切る細胞があり、これらが異常に増殖した結果がんになるのです。

免疫療法とは、この元々ある免疫のしくみを強化しようという治療法です。この方法は100年も前から考え方としては提唱されており、アメリカのコーリー博士によってもたらされた考え方だといわれています。しかし、現在の時点ではこの治療法において、期待されているほどの成果はまだ挙げられていません。

悪性黒色腫瘍や腎臓がんなど、ある特定の症例で有効性が認められた治療法はありますが、まだ大々的に手術、放射線、抗がん剤に続く4つめの治療法といえるレベルには至っていないようです。

また、免疫療法には効果が出る患者さんとまったく出ない患者さんが存在します。この部分に関しても、どのような条件が揃えば免疫療法で効果が出るのかという検証は、これから徐々におこなわれていく様です。日本では、正式に認可を受けた免疫療法の臨床試験がようやく始まったばかり。

今後新たに分かってくるであろうエビデンスや情報が出揃った時に、自分に効果が出そうな方法を探すのが一番ベストな治療の受け方なのではないでしょうか。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら