ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

マクロファージ活性化療法

癌治療の一つであるマクロファージ活性化療法について解説します。

免疫機能に非常に優れたマクロファージ

がんの治療とは、手術や放射線、抗がん剤などの選択肢があります。それ以外の治療法として注目されているのが、マクロファージ活性化療法などの治療法です。

マクロファージとは、白血球の一種で異物を取り除く役割があります。また異物の侵入をヘルパーT細胞に伝えるなどの働きもあり、免疫機能を相乗効果として高める非常に優れた細胞です。

マクロファージ活性化療法は、働いていないマクロファージを活性化させ、がんを攻撃する治療法です。多くの疾患に有効な治療と言われており、副作用も非常に少ないと報告されています。

マクロファージ活性化療法の効果

マクロファージ活性化療法は、人間が本来持っている免疫システムを最大限に活性化する治療法です。この治療によって、体内で多くの効果が期待できます。

NK細胞の働き

マクロファージは、がん細胞やウイルス、細菌などを貧食、消化する細胞で、NK細胞のような働きをおこないます。免疫細胞の働きも担うアメーバー状の細胞でもあり、生体内に侵入した異物を排除します。

樹状細胞の働き

貪食したがん細胞やウイルス、細菌の抗原をヘルパーT細胞、Bリンパ球に提示する働きもマクロファージは担います。樹状細胞は、がんワクチン治療にも使用される細胞です。つまりマクロファージ活性化療法は、NK細胞療法と樹状細胞療法の両方の働きがある治療法ともいえます。

マクロファージ活性化療法の詳細

マクロファージ活性化療法は、患者自身から血液を採取します。血液の中に含まれるGcプロテインを取り出し、特殊な処理を行うことで2nd GcMAFと呼ばれるマクロファージを活性化する物質を作り出します。その物質を体内に注射する治療法です。

この治療を行うことによって、マクロファージ細胞の活性化する効果が期待できます。がん以外にもB型肝炎やC型肝炎、ヘルペス、インフルエンザ、肺炎、結核・、EBウイルス感染症など多くの疾患に有効であると言われています。

抗がん剤や免疫複合療法などのがん治療との併用も可能です。少量であればステロイドとの併用も可能とされています。ごく稀に発熱や湿疹などの副作用の報告はありますが、発症リスクは非常に低いと報告されています。

超音波ダイナミック治療などの治療法と併用することで、がんの局所破壊と全身免疫療法の相乗作用の効果が期待できます。

【参考URL】

参考[1]:医療法人再生未来 マクロファージ活性化療法
https://www.saisei-mirai.or.jp/macrophage/

参考[2]:ももち浜クリニック がん免疫療法
http://momochihama.jp/specialities/cancer.html

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら