ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

放射線療法

癌治療方法のひとつである、放射線治療について詳しく解説しています。

放射線療法とは

放射線療法は、がんに対する有力な治療法のひとつであり、手術療法と同じく直接がん細胞を攻撃することができる局所療法です。

がん細胞に放射線を当てることで、手術をして直接切り取る作業をおこなわなくても、がん腫瘍をなくしたり小さくすることができます。また、がんができた場所が複雑で、手術をすることが難しいというような場合にも効果的な治療法です。

手術に比べると身体への負担が比較的少ないため、体力がない高齢期の患者さんにも適用しやすいとされています。

放射線の副作用

放射線治療と聞くと、副作用を心配される方がいるかもしれません。

よく表れる症状としては、下痢、皮膚の赤み、粘膜の炎症、白血球の減少、食欲の減退などです。これらは、治療開始から治療を終了してから半年後までの間に表れる一時的なもので、一定期間が経つとほとんどの症状は消えます。

現在では、以前に比べて放射線治療機器も技術改良が進み、腫瘍部にピンポイントで照射をすることができるようになっています。そのため治療効果が格段に向上しているとともに、副作用も大幅に軽減しています。

進化する放射線治療

従来は一方向からのみしか放射線を当てることしかできませんでしたが、現在では「定位放射線照射」という多方向から放射線を当てることができる方法が登場しました。これにより、がん病巣に対して色々な方向から放射線を当てて攻撃ができるうえ、正常組織への被ばく量を少なくすることができます。

ところで、放射線療法とひとことでいっても、いくつかの種類があるのをご存じでしょうか。

一般的なX線などを利用した治療のほか、粒子線療法小線療法IMRT(強度変調放射線治療)トモセラピーなどです。粒子線療法など新しい治療は先進医療として期待を集めていますが、受けられる施設が限られていたり、自由診療となるため医療費が保険対応にならないものもあります。

さまざまな放射線治療の種類について知る>>

放射線治療が標準治療となっている主な疾患

放射線治療が標準治療とされている疾患には、以下のようなものがあります。

頭頸部領域のがん
早期がんでは手術と放射線治療での結果に差はありません。しかし、場所により手術ができない場合などは率先して放射線治療が選ばれることになります。放射線照射は6~8週の外部照射で行うケースがほとんどです。舌がんや中咽頭がんで、密封小線源療法が主に実施されます。

肺がん
非小細胞肺がんにおいて、I、II期では手術が行われ、それ以上になると放射線での治療対象となるのが一般的です。6~7週間、外部照射をします。最近では、抗がん剤と組み合わせて使うことで、単独で照射するよりも生存期間が延長することがわかってきました。

乳がん
乳房の温存治療をするためには、放射線治療は欠かせません。乳房を残すためには、乳房部分切除手術後に放射線照射も実施するのが一般的です。5~6週間、外部照射での放射線治療をして再発や転移をおさえます。

前立腺がん
日本でも、近年患者数が増加してきています。欧米では手術と同様に放射線治療がとられ、5年生存率でも手術した場合に比べても遜色はないとされています。

放射線治療の準備と流れ

放射線治療を受ける場合には、まず放射線治療医による診察を受けることから始まります。 放射線治療医により、がんの転移状態や身体の状態はどうであるか、放射線の照射が可能かをこれまでの検査結果から導き出していきます。治療の目的や副作用、期間も決定されそれらの説明を受けます。不明点がある場合には、この際忘れずに質問をしましょう。

治療計画
CT、X線シミュレーターや治療計画装置などを用いて、がん腫瘍や周りにある正常な細胞な位置を把握します。そのうえで、どの場所にどのくらいの放射線をあてるかを決めていきます。

放射線の照射
実際に放射線が照射されている時間は、数分ほど。放射線の治療室に入ってから出てくるまでの合計でも、10分~20分程度です。

経過観察
治療が終わった後も、効果を確認するために経過観察を続けます。放射線の副作用は数ヶ月後に表れることもあるため、継続した観察が必要です。

放射線治療の流れについて知る>>

放射線治療の受診制限

放射線での治療は副作用も少なく、身体へもあまり負担をかけない治療法ですが、一生で同じ部位に当てることができる線量が定められています。ひとつの場所に対して、放射線の単位である50~60グレイまでしか照射をおこなうことができません。

これは、がん細胞は50グレイの放射線で死滅させることができますが、人間の細胞もそれ以上の被ばくを受けると組織が壊れてしまうためです。そのため同じ場所に再発した場合や、乳がんが完治した後に肺がんになってしまった場合など照射の部位が重なる時には、放射線治療を再び受けることはできません。

放射線治療のメリット・デメリットについて知る>>

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら