ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

放射線治療の流れを知る

癌の治療法のなかでも、放射線療法がどのように進められるのかをまとめています。

放射線療法の流れを知る

放射線治療を受けることになると、どのような流れで治療が進んでいくのでしょうか。一般的な放射線治療の流れを見てみましょう。

1.放射線治療外来で診察を受ける 

初めに、放射線治療の担当医が診察します。検査結果をもとに、身体のどの部分に、どのような機械を使って、どの位の放射線を当てていくのかを決めていきます。放射線の照射量は、合計で50~60グレイ程度までの線量をかけます。一回で全量を使うのではなく2グレイで25回かけるなど、一回あたりの線量を少なくして身体への負担をできる限り軽減していきます。

2.固定装具の作成

医療機関によって異なりますが、身体を固定して放射線治療を受けるための装具を作成します。この時に専用のマットレスを作る施設もあります。

3.治療計画を作る

放射線腫瘍医や放射線治療技師などさまざまな専門家が集まり、放射線治療計画を作ります。CTで撮影した写真をもとに、コンピューターをもちいて詳細なシミュレーションがおこなわれます。放射線を照射する詳細な範囲や、方向を決めるためのものです。「CTシミュレータ」などの機器をもちいて綿密な計画が立てられます。また、実際に治療を開始するまでに、なんども検証を実施して安全性を確認することが必要です。

4.放射線の照射開始

治療は月曜日から金曜日まで、基本的に平日は5日間続けておこないます。その後、2日間休み、また月曜日から照射を開始します。あらかじめ決められたスケジュールに合わせ、このサイクルを繰り返すことでがん細胞を攻撃していくのです。

予定されていた回数の照射が終わったら、経過観察の期間となります。定期的に検査のために通院し、がん細胞の状態の確認や体調チェックを続けます。この時期は体調が変わりやすいため、なにか気になることがあればすぐに医師に伝えることが大切です。

※放射線治療を受ける際の注意点※

放射線治療は決められた回数を受けてください。放射線を用いての治療は、最期まで受けることを前提に組まれています。治療を途中でやめてしまうと、効果はほとんど出ないといわれています。体調が良くなっても途中でやめず、1クール受けきることが必要です。

放射線治療に関わる人たち

放射線治療を実施する際には、さまざまな医療スタッフがチームを組み情報を提供し合いながら進められていきます。そのメンバーはチームの責任者である放射線治療医、医学物理士(放射線量の計算や測定を担当)、診療放射線技師(放射線治療医のもとで、実際に照射をする)、看護師などです。

放射線治療中の生活で心がけておきたいこと

放射線治療は通院での照射が可能で、働きながらでも受けることができる副作用も少ない治療法です。しかし回復を早めるためにも、できる限り治療中は無理をせずに体調に気を配るようにしましょう。

  • 栄養バランスのよい食事を十分に摂る
  • 意識して休養を取るようにする
  • 放射線を当てた場所に注意する

放射線をあてた個所はしばらく刺激に弱い状態です。直射日光、刺激物を触れさせないようにしましょう。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら