ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

あきらめない末期がん(癌ステージ4)の治療 » がんの治療法を知る » 放射線療法 » 放射線治療のメリット・デメリット

放射線治療のメリット・デメリット

気になる放射線治療の副作用についての情報を集めてみました。

放射線治療が効果的かどうかを見極めることが大切

向いている症状や治療の効果が出にくい状態などがある放射線治療。他の療法と比べながら、そのメリットとデメリットを確認してみましょう。

まず放射線治療に関してはエビデンスがたくさんあるので、放射線での治療結果が出やすい場所とそうでない場所のデータが揃っています。放射線治療は前立腺がん肺がん乳がんなどにはよく効果が出ますが、脳にはダメージを与えてしまうために照射することができません。

しかし、照射することが可能であれば副作用も少なく、効果が大きい治療法であるといわれています。また患者さんごとの症状に合わせ、オーダーメイドのように治療法をアレンジする試みも広がっています。治療期間と拘束時間の短い自由診療の治療法が色々と登場してきているのも特徴です。最新のものでは期間が4日~20日ほど、1回の診療は約30分で終わります。さらに、入院をしなくても続けられる治療法であるため、仕事をしながら、自分の時間を大切にしながら治療に挑むことができるのです。また自由診療の場合には、保険診療では受けることができない骨のがん、多発転移したがんにも照射をおこなえます。

照射できる量に限度がある

反対にデメリットとしては、どんなことがあるのでしょうか。

放射線は同じ個所で生涯に受けていい量が決まっているため、治療を受けてがんが消えた後、再発した場合に同じ個所に再度放射線を当てることはできません。特定量の放射線を照射することでがん細胞を死滅させることができますが、2回以上当ててしまうと正常な身体の細胞もまた壊れてしまうのです。

また、合併症がおきるのではないかと気にされる方もいることでしょう。表われやすい症状としては、下痢皮膚の赤み粘膜の炎症白血球の減少食欲の減退などです。しかし、これらの症状は治療の終了とともに、すぐに消失します。

恐らく、説明を受ける機会があまりないこともあり、「放射線は怖い」と思われている方が多いのではないでしょうか。治療で受ける放射線量はとても少なく設定されていて、がんのある個所以外には影響を受けにくいように照射がおこなわれます。一般的な「被ばく」といわれる量に比べれば計算に及ばないほど少ない値となりますので、安心して治療を受けてください。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら