ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

がんワクチン

癌治療の選択肢の一つであるがんワクチンについて解説します。

がんワクチンがん治療の一つ

がんには、手術療法、放射線療法、抗がん剤療法の3大治療があります。それ以外の第4の治療法として注目されているのが、がんワクチンです。3大治療だけでは十分な効果が得られないケースもあります。さらに3大治療法は、副作用など身体に与えるダメージが大きいと言われています。

がんワクチンは、新たな治療手段として選択することができます。がんワクチンを使用する最大のメリットとして、身体へのダメージが少ない点です。ワクチンは正常な細胞を傷つけずに、がん細胞だけを狙う治療法です。さらに、がんワクチンは通院での治療が行えるので、患者様の負担を減らすことができます。

がんワクチンの種類

がんワクチン治療は、丸山ワクチンや活性化リンパ球療法などの免疫療法と混合されがちですが、全く異なる治療法です。これらの免疫療法は、全体的な免疫機能を高める方法であり、がんを攻撃する細胞を限定的に活性化させる訳ではありません。

一方がんワクチン治療は、特定の免疫力だけを高めることができます。その結果、がん細胞を効果的に攻撃することが可能となると言われています。がんワクチン治療と言っても、さまざまな種類があります。代表的なワクチン治療として、樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン治療が挙げられます。

がんワクチン治療は、他のがん治療と併用することもできます。医師と相談しながら、状況に応じて治療を選択するようにしましょう。

がんワクチンの詳細

がんワクチン治療の詳細をみていきましょう。

樹状細胞ワクチン療法

身体の中にある樹状細胞のもとになる細胞を取り出します。人工的に樹状細胞に成長させていきます。さらに、がんの目印となる抗原を覚えさせ、免疫システムの司令塔になるようなシステムをインプットさせます。人工的に教育、成長した樹状細胞を体内に注射することで、体内でがんに反応を引き起こします。

ペプチドワクチン治療

がんの目印となる抗原を体内に注射するというやり方です。体内が本来持っている免疫機能が目印を察知することで攻撃し、がん細胞を死滅すると言われています。ただ免疫機能が低下している患者には、充分な効果が得られない恐れもあります。

【参考URL】

参考[1]:がんワクチン治療「ペプチドワクチンと樹状細胞ワクチン療法」の違い
https://serenclinic.jp/dc/vaccell/vacell02.php

参考[2]:リンパ球バンク株式会社
https://www.lymphocyte-bank.co.jp/vaccine.html

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら