ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

あきらめない末期がん(癌ステージ4)の治療 » ステージ4・末期がんの治療~病院リスト~

ステージ4・末期がんの治療~病院リスト~

ここでは、身体への影響が少ないトモセラピーを使用しているクリニックをご紹介します(※2021年6月の調査に基づきます)。トモセラピーとは、放射線治療装置がCTの機能を持ち合わせており、治療計画時のCT画像と重ね合わせて腫瘍の位置を確認し、照射の誤差を減らして周辺組織への影響を抑えた強度変調放射線治療のことです。

身体に負担のかかりにくい治療ができるクリニック

引用元:クリニックC4
(https://cccc-sc.jp/)

クリニックC4

問い合わせ先:03-6407-9407

東京都にあり自由診療で、「トモセラピー」という放射線治療を受けることができるクリニックです。できるがんの個数に制限をもうけず、患者さんが頑張る限り一緒に治療をおこなっていきます。正常な細胞を傷つけない照射法であるため、身体に負担がかかりにくいのが特徴。

東京都内にあるクリニックC4は、30年以上ガン治療に携わってきた青木幸昌院長が率いるクリニックです。青木院長は、東京大学医学部医学科を卒業し、日本医学放射線学会専門医や日本放射線腫瘍学会認定医など専門医として認められてきた人物。日本放射線腫瘍学会評議員にもなっています。
これまで1万人以上の臨床治療と向き合ってきたドクターで、末期ガンでも諦めずにガンと戦いたい、と願う患者さんの気持ちに寄り添った治療を行なっています。知識と経験に裏付けされたトモセラピー治療を、患者さんと家族の心に寄り添って進めてもらえます。

施術方法:トモセラピー

トモセラピーは、放射線治療の中でも周辺組織への影響を抑えたガン治療です。自由診療となりますが、進行していて手術ができないがんなどに対して有効な治療法として注目されています。癌細胞が集まっている病巣を放射線で包み込むように照射するのが特徴で、正常な細胞へのダメージも少ないため、比較的副作用も軽い点が特徴です。
トモセラピーの治療には、高い技術が求められるため、豊富な診療実績のあるクリニックを選ぶのが大切です。

負担の少ないガン治療を追及 最先端放射線治療の名医

クリニックC4で治療に対応するのは、院長の青木幸昌先生。東京大学医学部医学科卒業後は、放射線一筋に多くのガン患者さん達と向き合い、放射線工学に携わりながら放射線治療の品質向上に貢献してきた名医です。

画像情報によって、骨格や臓器構造をより正確に把握して照射をおこなう「IGRT」や、放射線を病変の形状に一致させ3次元的に照射する「SRT」といった放射線治療工学の研究開発に早期から携わっており、いわば外照射治療の先駆け的存在と言えます。

また、放射線医学総合研究所によって進められた、光の速度に近いスピードで照射して身体へのダメージを軽減する「重粒子線治療」においても開発段階から関与し、照射した放射線の出口の設計などに尽力しています。

がんの診断や治療では患者や家族が担当の医師と十分に話し合い、納得して治療を受けることがとても重要です。 クリニックC4ではセカンドオピニオンも積極的に受け付けており、メールでの相談もできるので意見を伺ってみるのも良いでしょう。

トモセラピー治療の費用と期間について

保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円と言われています。
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、詳細は病院・クリニックに直接お問合わせください。

トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用が生じるケースがあります。

遅くまでやっている・忙しい人でも通えるクリニック

引用元:江戸川病院
(https://www.edogawa.or.jp/)

江戸川病院

問い合わせ先:03-3673-4892

22時まで放射線治療をおこなっている、忙しいビジネスマンのための病院です。トモセラピー機器も2台が稼働。東京都前立腺がん診療連携協力病院のひとつ。特に前立腺がんについては、ステージが進んだ状態でも治療実績を持っています。

江戸川病院は、昭和7年から続く歴史ある病院です。病床数418床を誇ります。がん免疫治療センターには、日本臨床腫瘍学会認定 がん薬物療法専門医・指導医、日本血液学会認定血液専門医・指導医など専門医資格を持つ明星ドクターや、がん緩和ケアとがん薬物療法を専門とする後藤ドクターが在籍。日本臨床腫瘍学会認定研修施設にも認定され、がん薬物療法専門医が2名在籍している外来化学療法センターも有しています。ステージが進んだ前立腺がんに対する治療実績もある病院ですので、前立腺がんの方は特にオススメの病院と言えるでしょう。

施術方法

自由診療ではあるものの、体への負担が少ない放射線治療として注目されているトモセラピー治療に取り組む病院です。トモセラピー機器は3台保有しており、主に前立腺がんに対するトモセラピー治療に力を入れています。
がんと闘病しながら、仕事も続けたいという方には嬉しい、診療時間22時まで対応の病院でもあります。加えて、前立腺がん手術では、手術支援ロボット「ダビンチ」を導入。がん細胞を焼き切って取り除くラジオ波焼灼装置など先端医療機器も導入されています。加えて、がん免疫治療センターも設け、各がん治療の専門医が多数在籍しています。

未来の医療にも貢献 血液疾患全般 がん薬物療法の名医

江戸川病院腫瘍血液内科副部長を務める「明星智洋」医師。熊本大学医学部卒業後、血液悪性腫瘍やガンの化学療法全般について研鑽を積み、現在は悪性リンパ腫・多白血病・発性骨髄腫などの診療に尽力しています。また、その傍ら、遠隔診療や人工知能といった未来的医療の研究にも携わり、ハイパーメディアクリエイターとして、様々な企業と医療現場をつなげる取り組みにも参加するなど、活躍の場を広げています。

「たけしのみんなの家庭の医学」などのメディアにも出演経験があるドクターです。

先進医療をはじめとする高度で専門的な治療を提供

引用元:東京都立駒込病院
(https://www.cick.jp/)

東京都立駒込病院

問い合わせ先:03-3823-2101

1879年に主に感染症診療のための病院として解説された駒込病院は、1975年にはがんと感染症に対応する高度専門病院に生まれ変わったという歴史があります。2011年にはさらに高度な診療機能を持った「がん・感染症センター都立駒込病院」として新たなスタートを切り、先進医療をはじめとする高度で専門的な医療を手がけています。
特にがんの診療については、「東京都がん診療連携拠点病院および造血幹細胞移植推進拠点病院」としての役割を担っています。その中でがんや感染症の専門的な診療機能に加え、循環器内科や腎臓内科、総合診療科、精神腫瘍科、メンタルクリニックなどそれぞれの部門を充実させています。
さらに、病気の診療を行うだけではなく、病気の発症に伴う不安や疑問、生活における課題などの解決を支援するための患者サポートセンターを開設することにより、様々な角度から患者の支えとなってくれます。

施術方法:トモセラピー

トモセラピーは病変と正常臓器が近接して、可能な限り精度の高い治療を行いたいときに使用されます。同院では、前立腺がん、頭頚部がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん、喉頭がんなど)、脳腫瘍、直腸がん、肛門がん、子宮頸癌の手術後皮膚腫瘍の一部などの治療の際にトモセラピーを使用。
ただし、それぞれの病気や患者の状況によるため、上記の疾患に当てはまっている場合でもトモセラピーを使用しないというケースもあります。

ドクター紹介

都内のがん治療において中心的な役割を果たしているがん・感染症センター都立駒込病院の院長を務めるのが神澤輝実先生です。2019年に同院の院長に就任しており、消化器内科の中でも肝臓や胆道疾患の診断と治療を専門としています。これまで膵・胆道疾患の臨床研究を長年手がけており、300編以上の英語論文を執筆。さらに、全身性疾患であるIgG4関連疾患の提唱者としても知られる医師です。

神澤院長は、医師になって30年以上の間、難治がんといわれる膵がんと向き合い続けてきた医師。2000年以降治療の選択肢が増えてきた膵がんですが、術前化学放射線療法を実施することにより腫瘍を小さくしてから手術に臨むなど、さまざまな治療の可能性を検討し、実践しています。
また、同院は総合診療という基盤の上に立つがんセンターという点が大きな特徴。他に疾患があるがん患者についても治療が行える仕組みとなっていることから、「がん難民」と呼ばれる患者についてもしっかりと診療を行う、という点をモットーとしています。

ステージ4のがん治療を行う病院選びのポイント

風邪やインフルエンザを治療するために病院に行く際はそれほどこだわらず、近所の病院を選んでいる方もいるのではないでしょうか。ですが、ステージ4のがん治療を行うことになれば病院選びはしっかりしておかなければなりません。

ステージ4といえば、他の臓器にがんが転移している状態ということもあり、より専門的な治療が必要になります。病院選びにはとことんこだわってみましょう。

本格的な治療を始めてから「やっぱり他の病院にしておけば良かった…」と後悔している方は少なくありません。ステージ4の治療は大変難しいものになりますが、その中でも納得した治療が受けられる病院選びをすることが重要です。

早期がんの場合はある程度設備の整った病院であればどこで治療を受けてもそれほど大きな違いはないと言われていますが、ステージ4のがんの場合は次のようなポイントをチェックしながら病院探しをしてみましょう。

病院による違いはある?

日本のがん治療では診療ガイドラインが用意されています。そのため、治療を受ける病院が違うからといって治療の内容や品質が大きく変わるようなことはありません。

ですが、部位によって対応や病院スタッフの質は異なるため、必ず比較した上で決めましょう。

症例数や実績

病院を比較する際にチェックしておきたいことはいろいろあります。まず、症例数は病院によって大きく異なるので必ず確認しておきたいですね。

ここで重要になってくるのが、自分のかかったがんの治療実績がどれくらいあるのか?ということ。舌がん治療ではかなり有名な病院であるものの、大腸がんの実績数はそれほど多くない…といったところもあるでしょう。

総合的に「がん」として考えてしまうのではなく、自分の治療を受けようと思っている種類のがんでどれくらいの治療実績があるのか確認しておきたいですね。

様々な分野の専門家が在籍している

ステージ4のがんは他の臓器にも転移している状態なので、専門家も複数必要です。治療したいと思っているがんが発生している部位の専門家である医師が在籍しているのはもちろんの事ではありますが、他にも薬剤師や臨床検査技師、リハビリ専門職などの力も借りることになるため、こういった方々が在籍しているのかどうか調べましょう。

専門的な知識や技術を持った人たちがチーム医療を行っている病院であれば信頼できます。チーム医療はただ人員がそろっていれば良いだけではなく、設備も必要になるので、チーム医療を行っている病院は技術力や取り扱っている設備面でも納得できるでしょう。

担当医の人柄

それほど重要ではない項目だと考えてしまいがちですが、担当医の人柄も必ず確認しておきたいポイントです。ステージ4のがんの治療を行う際には長期的な治療になっていきます。

場合によっては一生一緒に病気と向き合っていてくれる重要な存在になるでしょう。がんの治療では専門的なことを行うわけですが、この人にならば安心して任せられると思えるくらいの医師が見つかると理想的ですね。

そのため、自分が本当に信頼できる人、安心して相談ができる医師を探すことが重要なのです。医師の説明が適当だったり、こちらの話や不安を聞いてくれない場合は治療する中で様々な不安や不満を抱えることになってしまうでしょう。

安心して治療を受けるためにも医師の人柄が良い病院探しをするのがポイントです。近年はホームページ上から在籍している医師のインタビューや実績、所有している資格について確認できるところが増えているので、そういったものを参考にしながら病院探しをしてみてくださいね。

病院選びに失敗したと感じるのなら

実際に病院でがん治療を始めてみたものの、医師の対応などがどうしても安心できないと感じるようであれば、思い切って転院することも検討してみましょう。もちろん、何も理由なく他の病院を検討するのは正しい方法ではありません。

セカンドオピニオンやサードオピニオンとして他病院の話を聞くのもおすすめではありますが、その場合も今の病院で何を不安に思っているのか、料理に対して何を望むのかをしっかりまとめてから話を聞きに行った方が自分にとって最適な病院探しに繋がります。

自分にとって最適な病院を探そう

同じがんの種類だったとしても、人によって最適な病院は異なります。だからこそしっかり病院を比較して選ぶ必要があるといえるでしょう。

どのような人柄の医師であれば安心して話ができるのかも人によって異なるので、実際に医師と話をしてみてその人の事が本当に信頼できるのかどうか判断することが大切です。

インターネット上の口コミだけを参考にして選んでしまう方もいるようですが、人によって病院に求めるポイントは異なるので、口コミで評判の良い病院であれば必ずしも自分も納得できるとは限りません。ステージ4のがんの治療を行っていく上で病院選びは非常に大切なことなので慎重に選ぶことが大切です。

周辺組織への影響を抑えた
放射線治療(トモセラピー)ができる
クリニック3院

◆トモセラピー治療の費用と期間について
保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保自由診療の場合は約3万3000円ほど。病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、詳細は病院・クリニックに直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて
照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがあります。

骨格や臓器構造をより正確に
把握して照射をおこなう
「IGRT」にも対応

クリニックC4

自由診療
問い合わせ先:03 -6407-9407

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3673-4892

がんを専門とする連携拠点病院

東京都立駒込病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3823-2101

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら