ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

イレッサ

ここでは、主に肺癌の治療薬として用いられるイレッサについて、その作用や特徴、用法、注意点、副作用などについて解説します。

肺癌に対して高い効果・効能の期待できるイレッサですが、一方で、その効果・効能、および副作用には個人差があります。イレッサの特徴をよく理解したうえで、主治医の指導にしたがい適切に服用するようにしましょう。

イレッサの作用と特徴

イレッサの効果・効能

イレッサは、主に「肺癌(非小細胞肺癌)」における治癒・延命・症状緩和効果を持つ薬です。

ただし、患者の病態やがんの種類により、その期待される効果や程度、および副作用の種類や程度は異なります。また、癌の治療以外で使われる場合もあります。

イレッサの有効成分

イレッサは「ゲフィチニブ」を有効成分とします。

イレッサの用法

通常、成人においては「イレッサ錠250」(またはゲフィチニブを250mg配合した薬)を1日1回、経口で服用します。

なお日本人高齢者においては、食後の服用が望ましいと報告されています。

イレッサの注意点

イレッサの服用に関する基本的な注意点

  • 急性肺障害・間質性肺疾患等に対する注意

    イレッサの服用により、急性肺障害や間質性肺疾患等の副作用を生じることがあります。主治医は患者の臨床症状をよく観察し、定期的に胸部X線検査を行うよう望まれます。

  • 肝機能障害に対する注意

    イレッサの服用により、ASTやALTの上昇等が見られることがあります。主治医は患者の状態に応じ、または1~2ヶ月に1度の頻度で患者の肝機能検査を行うことが望まれます。

  • 皮膚障害に対する注意

    イレッサの服用によって皮膚障害を生じた場合には、対症療法や休薬などの適切な処置を行います。

  • 無力症に対する注意

    イレッサの臨床試験において、無力症の症状が報告されています。イレッサ服用中の患者は自動車や機械の操作に注意する等、主治医からの適切な指導が望まれます。

イレッサの服用に際して注意すべき患者

イレッサの服用に際し、以下の対象者については注意を要します。

  • 急性肺障害、特発性肺線維症、間質性肺炎、じん肺症、放射線肺炎、薬剤性肺炎またはこれらの疾患の既往歴のある患者
  • 全身状態の悪い患者
  • 無酸症など著しい低胃酸状態が持続している患者
  • 肝機能障害患者
  • 肝機能障害のある患者
  • 生殖能を有する者(※1)
  • 妊婦(※2)
  • 授乳婦
  • 小児
  • 高齢者

(※1)「生殖能を有する者」について
妊娠可能な女性に対し、ジオトリフの服用中および服用終了後の一定期間において、適切な避妊を行うよう指導します。

(※2)「妊婦」について
妊婦がジオトリフを服用した場合、胎児に各種の副作用が生じる恐れがあります。妊婦または妊娠している可能性のある女性においては、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用します。

イレッサの相互作用に関する注意点

イレッサは次の成分との併用により相互作用が起こる恐れがあるため、その投与に際して、主治医には十分な注意・観察が求められます。

  • CYP3A4誘導剤(フェニトイン、セイヨウオトギリソウなど)

    イレッサの有効成分「ゲフィチニブ」の代謝が亢進し、その血中濃度が低下する恐れがあります。

  • CYP3A4阻害剤(アゾール系抗真菌剤など)

    イレッサの有効成分「ゲフィチニブ」の代謝が阻害され、その血中濃度が上昇する恐れがあります。

  • グレープフルーツジュース

    イレッサの有効成分「ゲフィチニブ」の代謝が阻害され、その血中濃度が上昇する恐れがあります。

  • プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾールなど)

    イレッサの有効成分「ゲフィチニブ」の吸収が低下し、その作用が減弱する恐れがあります。

  • H2-受容体拮抗剤(ラニチジン塩酸塩など)

    イレッサの有効成分「ゲフィチニブ」の吸収が低下し、その作用が減弱する恐れがあります。

イレッサの副作用

イレッサの服用によって起こりうる重大な副作用

イレッサの服用により以下のような症状が見られた場合には、イレッサの服用を中止するなどの適切な処置が必要です。

※( )内は副作用の発症頻度になります。

  • 急性肺障害、間質性肺炎(1~10%未満)

    これら症状を生じた場合いは、速やかにイレッサの服用を中止し、ステロイド治療等の適切な処置を行う必要があります。

  • 重度の下痢(1%未満)

    イレッサの服用により重度の下痢を生じた場合には、対症療法や休薬などの適切な処置を行います。

  • 脱水(1%未満)

    脱水により腎不全にいたったケースが報告されていることから、必要に応じて電解質や腎機能検査を行います。

  • 肝炎(頻度不明)、肝機能障害(10%以上)、黄疸(頻度不明)、肝不全(頻度不明)

    肝炎、AST、ALT、LDH、γ-GTP、Al-P、ビリルビンの上昇などをともなう肝機能障害を生じることがあります。肝不全にいたったケースも報告されています。

その他にも、急性膵炎(頻度不明)、中毒性表皮壊死融解症(頻度不明)、皮膚粘膜眼症候群(頻度不明)、多形紅斑(1%未満)、血尿(1%未満)、出血性膀胱炎(1%未満)、消化管穿孔(頻度不明)、消化管潰瘍(1%未満)、消化管出血(1%未満)などが重大な副作用として報告されています。

なおイレッサの副作用については、その他にも様々な種類が報告されています。高頻度(患者の10%以上)に見られる副作用としては、主に次のようなものです。

  • 発疹
  • そう痒症
  • 皮膚乾燥
  • 皮膚亀裂
  • ざ瘡等の皮膚症状
  • 下痢
  • 肝機能障害(AST上昇、ALT上昇等)

その他の副作用の詳細については主治医に確認してください。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

セカンドオピニオンに関する
メール相談も可能

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら