パクリタキセル

ここでは、卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌など、さまざまな癌に適応しているとされるパクリタキセルについて特徴、用法、注意点、副作用について詳しく解説します。

パクリタキセルに関して正しい知識を得た上で主治医とともに、がんと戦っていきましょう。

パクリタキセルの作用と特徴

パクリタキセルの効果・効能

パクリタキセルは下記の癌を患う患者において抗がん効果を発揮するとされている抗がん剤です。

  • 胃癌
  • 子宮体癌
  • 乳癌
  • 非小細胞肺癌
  • 卵巣癌
  • 血管肉腫
  • 再発又は遠隔転移を有する頭頚部癌
  • 再発又は遠隔転移を有する食道癌
  • 再発又は難治性の性腺外胚細胞腫瘍
  • 再発又は難治性の精巣胚細胞腫瘍
  • 再発又は難治性の卵巣胚細胞腫瘍
  • 再発又は難治性の胚細胞腫瘍
  • 進行又は再発の子宮頚癌

※治療をする内容や体の状態によっては、記載しているがんであっても使用しない場合があります。また、がんの治療ではない場合も使用をするケースがあります。

パクリタキセルの有効成分

パクリタキセル注30mg/5mL「NK」は「パクリタキセル30mg」を有効成分としています。

パクリタキセルの用法

パクリタキセルの投与方法にはA法~E法の分類があり、がんの種類や状態により変わります。

  • A法

    1日1回210mg/㎡(体表面積)を3時間かけて点滴静脈注射します。少なくとも3週間は投与の間隔をあけます。これを1クールとして投与を繰り返します。

  • B法

    1日1回100mg/㎡(体表面積)を1時間かけて点滴静脈注射します。週1回投与を6週連続します。少なくとも2週間は投与の間隔をあけます。これを1クールとして投与を繰り返します。

  • C法

    1日1回80mg/㎡(体表面積)を1時間かけて点滴静脈注射します。週1回投与を3週連続します。これを1クールとして投与を繰り返します。

  • D法

    1日1回135mg/㎡(体表面積)を24時間かけて点滴静脈注射します。少なくとも3週間は投与の間隔をあけます。これを1クールとして投与を繰り返します。

  • E法:

    1日1回80mg/㎡(体表面積)を1時間かけて点滴静脈注射します。週1回投与を3週連続して少なくとも2週間は投与の間隔をあけます。

    これを1クールとして、投与を繰りします。

なお、投与量は、患者の状態により適宜減量します。

  • 非小細胞肺癌及び子宮体癌にはA法
  • 乳癌にはA法又はB法
  • 卵巣癌にはA法又はカルボプラチンとの併用でC法
  • 胃癌にはA法又はE法
  • 再発又は難治性の胚細胞腫瘍には他の抗悪性腫瘍剤と併用でA法
  • 再発又は遠隔転移を有する頭頚部癌、再発又は遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫にはB法
  • 進行又は再発の子宮頚癌にはシスプラチンとの併用において、D法を使用します。

パクリタキセルの注意点

パクリタキセルを使用するにあたっていくつかの注意点があります。

  • パクリタキセルはアルコールを含んでいるため注射後、自動車の運転、機械の操作などの危険な可能性がある作業はしないようにしてください。
  • パクリタキセルを使用している間は、避妊をするようにしてください。
  • 授乳をしないようにしてください。
  • 骨髄抑制は、がんの治療で用いられる多くの薬であらわれる副作用ですがパクリタキセルを使うことによって症状がでることがあります。

パクリタキセルの副作用

パクリタキセルを投与することによって症状がでる可能性がある副作用です。

  • ショック、アナフィラキシー様症状

    皮膚のかゆみ、蕁麻疹(じんましん)、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、目と口唇のまわりの腫(は)れ、息苦しさ、動悸(どうき)、ほてり、意識の混濁などの症状です。

  • 白血球減少

    突然の高熱、寒気、のどの痛みなどの症状です。

  • 骨髄抑制

    発熱、寒気がする、のどが痛む、口の中に白い斑点ができる、手足に赤い点(点状出血)または赤いあざ(紫斑)ができる、出血しやすい(歯ぐきの出血・鼻血など)、水のような下痢、腹痛、口内炎、通常の生活をしていてだるさが続く、ちょっとした階段や坂で動悸(どうき)や息切れを感じる、顔色が悪いなどの症状です。

  • 末梢神経障害

    手や足がピリピリとしびれる、手や足がジンジンと痛む、手や足の感覚がなくなる、手や足に力がはいらない、ものがつかみづらい、歩行時につまずくことが多い、椅子から立ち上がれない、階段を上れないなどの症状です。

上記の副作用以外にも麻痺(まひ)、間質性肺炎、肺線維症、急性呼吸窮迫症候群、心筋梗塞など多くの症状があります。パクリタキセルの副作用について詳しく知りたいかたは主治医に直接確認しましょう。

周辺組織への影響を抑えた
放射線治療(トモセラピー)ができる
クリニック3院

◆トモセラピー治療の費用と期間について
保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保自由診療の場合は約3万3000円ほど。病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、詳細は病院・クリニックに直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて
照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがあります。

骨格や臓器構造をより正確に
把握して照射をおこなう
「IGRT」にも対応

クリニックC4

自由診療
問い合わせ先:03 -6407-9407

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3673-4892

がんを専門とする連携拠点病院

東京都立駒込病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3823-2101

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら

【免責事項】
※このサイトは、2015年11月の調査を基に制作しています。最新の治療方法は各病院・クリニックの公式サイトをご確認いただきますようお願いします。
また、本サイトで掲載している治療法については、自由診療のため保険適用外となり全額自己負担となります。治療を受けるクリニックや症状、治療法によって、治療回数・期間、費用が変動しますので、詳しくは直接クリニックへお問い合わせください。また、治療における副作用やリスクなども治療方法によって異なります。不安な点・不明点については、各病院・クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

◆トモセラピー治療の費用と期間について
トモセラピーとは、がん細胞が集まる病巣を包み込むように放射線を照射できる放射線治療システムです。
トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きくことなります。保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円と言われています。
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて
照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用が生じるケースがあります。不安な方は各病院・クリニックへ相談しましょう。