ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

シスプラチン

ここでは、さまざまなタイプのがんの治療薬として利用されているシスプラチンについて、その作用や特徴、用法、注意点、副作用などを解説します。

睾丸腫瘍、膀胱がん、腎盂・尿管がん、前立腺がん、卵巣がん、肺がん、胃がん、悪性リンパ腫など、非常に多くのがんに対して効果が確認されているシスプラチン。高いがん治療効果が期待される薬ですが、その効果や副作用の程度については患者個人によって異なります。シスプラチンの特徴を正しく認識したうえで、主治医とともにがんに立ち向かいましょう。

シスプラチンの作用と特徴

シスプラチンの効果・効能

シスプラチンは、主に次の癌を患う患者に対し、治癒・延命・症状緩和などの効果を持つ薬です。

  • 睾丸腫瘍
  • 膀胱癌
  • 腎盂・尿管癌
  • 前立腺癌
  • 卵巣癌
  • 頭頸部癌
  • 肺癌(小細胞肺癌、非小細胞肺癌)
  • 食道癌
  • 子宮頸癌
  • 神経芽細胞腫
  • 胃癌
  • 骨肉腫
  • 胚細胞腫瘍(精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)
  • 中皮腫(胸膜)
  • 胆道癌
  • 骨腫瘍
  • 子宮体癌
  • 悪性リンパ腫
  • 小児固形腫瘍(横紋筋肉腫、神経芽腫、肝芽腫その他肝原発悪性腫瘍、髄芽腫など)

なお、患者の全身状態や他の治療内容により、上記の癌であってもシスプラチンが使用されないことがあります。また、がん以外の疾病に対してもシスプラチンが使用されることがあります。

シスプラチンの有効成分

シスプラチンは、同名の「シスプラチン」を有効成分とします。

シスプラチンの用法

いずれの種類の癌においても、注射によりシスプラチンを投与します。薬剤(有効成分)の投与量や投与頻度、休養期間などについては、癌の種類や患者の状態により異なります。

シスプラチンの注意点

シスプラチンの投与に関する基本的な注意点

  • 消化器症状に関する注意点

    シスプラチンを投与中の患者のほぼ全例において、悪心・嘔吐・食欲不振等の消化器症状が見られます。投与に際し、医師は患者の状態をよく観察し、必要に応じて適切な処置を行うようにします。

  • 腎障害等の副作用に関する注意点

    シスプラチンを投与中の患者の中に、急性腎不全等の腎障害や骨髄抑制等の重篤な副作用が見られることがあります。投与に際し、医師は頻繁に患者の臨床検査を行うとともに、異常が認められた場合には、減量や休薬、投与中止等の適切な処置を行うようにします。

シスプラチンの投与に際して注意すべき患者

シスプラチンの服用に際し、以下の対象者については注意を要します。

  • 腎障害のある患者
  • 肝障害のある患者
  • 骨髄抑制のある患者
  • 聴器障害のある患者
  • 感染症を合併している患者
  • 水痘患者
  • 高齢者
  • 小児
  • 長期間使用している患者

シスプラチンの相互作用に関する注意点

シスプラチンは次の治療法や成分などとの併用により、相互作用が起こる恐れがあります。投与に際し、主治医には十分な注意・観察が求められます。

  • 抗悪性腫瘍剤/放射線照射

    骨髄抑制を増強することがあります。

  • 放射線照射

    胸部への放射線照射を併用した場合、重篤な皮膚炎、食道炎、嚥下障害、肺臓炎などが発現したとの報告があります。

  • パクリタキセル

    パクリタキセルの前にシスプラチンを投与した場合、パクリタキセルの血中濃度が上昇して骨髄抑制が増強する恐れがあります。

  • アミノグリコシド系抗生物質など

    腎障害が増強する恐れがあります。

  • 頭蓋内放射線照射

    聴器障害が増強する恐れがあります。

  • アミノグリコシド系抗生物質など

    聴器障害が増強する恐れがあります。

  • フェニトイン

    シスプラチンとの併用でフェニトインの血漿中濃度が低下したとの報告があります。

  • シスプラチンの副作用

    シスプラチンの投与用によって起こりうる重大な副作用

    シスプラチンの投与にともなう重大な副作用として、以下のものが報告されています。投与に際し、これら症状が認められた場合には、投与を中止するなどの適切な処置が必要です。

  • 急性腎不全

    急性腎不全などの重篤な腎障害の発現に備え、頻回に臨床検査を行って患者の状態を確認する必要があります。数値に異常が認められた場合には、シスプラチンの投与を中止して適切な処置を施す必要があります。

  • 汎血球減少等の骨髄抑制

    汎血球減少、貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少等が現れることがあるので、頻回に血液検査等を行うとともに、異常が認められた場合にはシスプラチンの減量、休薬、中止などの適切な処置を行う必要があります。

  • ショック、アナフィラキシー様症状

    ショック、アナフィラキシー様症状が発現することがあるため、投与に際しては観察を十分に行うとともに、チアノーゼや呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下等の症状が認められた場合には、シスプラチンの投与を中止して適切な処置を行います。

その他にも、聴力低下・難聴、耳鳴、うっ血乳頭、球後視神経炎、皮質盲、脳梗塞、一過性脳虚血発作、溶血性尿毒症症候群、心筋梗塞、狭心症、うっ血性心不全、不整脈、溶血性貧血など、多くの症状がシスプラチンの重大な副作用として報告されています。

また、「重大な副作用」には含まれていないものの、「その他の副作用」に含まれている症状も多くあります。

シスプラチンの投与における副作用についての詳細を知りたい方は、主治医に直接確認してください。

周辺組織への影響を抑えた
放射線治療(トモセラピー)ができる
クリニック3院

◆トモセラピー治療の費用と期間について
保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保自由診療の場合は約3万3000円ほど。病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、詳細は病院・クリニックに直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて
照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがあります。

骨格や臓器構造をより正確に
把握して照射をおこなう
「IGRT」にも対応

クリニックC4

自由診療
問い合わせ先:03 -6407-9407

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3673-4892

がんを専門とする連携拠点病院

東京都立駒込病院

標準治療(保険診療)
問い合わせ先:03-3823-2101

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら