ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

パージェタ

ここではHER2陽性乳癌に適応しているとされるパージェタの特徴、用法、注意点、副作用について詳しく解説します。

パージェタに関して正しい知識を得た上で主治医ともに、がんと戦っていきましょう。

パージェタの作用と特徴

パージェタの効果・効能

パージェタは下記の癌を患う患者において抗がん効果を発揮するとされている抗がん剤です。

  • HER2陽性乳癌

パージェタの有効成分

パージェタ点滴静注420mg/14mLは「ペルツズマブ(遺伝子組換え)注) 420mg」を有効成分としています。

注)パージェタは、チャイニーズハムスター卵巣細胞を使って製造されています。製造工程の培地成分としてブタ由来成分(ペプトン)を使用しています。

パージェタの用法

トラスツズマブ(遺伝子組換え)と他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人に対して1日1回、ペルツズマブ(遺伝子組換え)を初回投与時には840mgを、2回目以降は420mgを1時間かけて3週間間隔で点滴静脈注射します。

なお、術前・術後薬物療法の場合には、投与期間は12カ月間までとします。

また初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できます。

パージェタの注意点

パージェタを使用するにあたっていくつかの注意点があります。

用法及び用量に関連する注意

  • トラスツズマブ以外の他の抗悪性腫瘍剤の中止後にパージェタを投与するときには、トラスツズマブと併用してください。
  • パージェタと併用するトラスツズマブ以外の抗悪性腫瘍剤は「臨床成績」の項を熟知した上で選択してください。
  • パージェタを単独投与した場合の有効性及び安全性は確立していません。

何らかの理由があり予定された投与が遅れた場合には、次のとおり投与することが望ましいです。

  • 前回投与日から6週間未満のときには、420mgを投与してください。
  • 前回投与日から6週間以上のときには、改めて初回投与量の840mgで投与をしてください。(なお、次回以降は420mgを3週間間隔で投与します)

パージェタの副作用

主な副作用として、以下のような症状が出ることがあります。

  • 疲労
  • 悪心
  • 末梢性ニューロパチー
  • 末梢性感覚ニューロパチー
  • 味覚異常
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 口内炎
  • 食欲減退
  • 腹痛
  • 脱毛症など

稀に以下のような重大な副作用があらわれることがあるので、注意が必要です。

  • 好中球減少症
  • 白血球減少症
  • 発熱性好中球減少症
  • Infusion reaction
  • 呼吸困難
  • 間質性肺疾患
  • 腫瘍崩壊症候群など
  • パージェタの使用において、見込まれる効果とあらわれる副作用などは人それぞれ違います。

    薬物療法を受けるにあたって、不安なことや知りたいこと、心配なことがある場合には、ひとりで悩むことはせずに担当の医師などの医療者や「がん相談支援センター」に相談しましょう。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

セカンドオピニオンに関する
メール相談も可能

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら