ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

ハーセプチン

ここではハーセプチンの特徴、用法、注意点、副作用について詳しく解説します。

ハーセプチン関して正しい知識を得た上で主治医ともに、がんと戦っていきましょう。

ハーセプチンの作用と特徴

ハーセプチンの効果・効能

ハーセプチンは下記の癌を患う患者において抗がん効果を発揮するとされている抗がん剤です。

  • HER2過剰発現が確認された乳がん
  • HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃がん

ハーセプチンの有効成分

ハーセプチン注射用は「トラスツズマブ(遺伝子組換え)注)」を有効成分としています。

注)ハーセプチンは、チャイニーズハムスター卵巣細胞を使って製造されています。製造工程の培地成分としてブタ由来成分(ペプトン)を使用しています。

ハーセプチンの用法

HER2過剰発現が確認された乳癌にはA法またはB法を使用します。

HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌には、他の抗悪性腫瘍剤との併用でB法を使用します。

  • A法

    通常、成人に対して1日1回、トラスツズマブ(遺伝子組換え)の初回投与時には4mg/kg(体重)を、2回目以降は2mg/kgを1時間30分以上かけて1週間間隔で点滴静脈注射します。

  • B法

    通常、成人に対して1日1回、トラスツズマブ(遺伝子組換え)の初回投与時には8mg/kg(体重)を、2回目以降は6mg/kgを1時間30分以上かけて3週間間隔で点滴静脈注射します。なお、初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できます。

ハーセプチンの注意点

ハーセプチンを使用するにあたっていくつかの注意点があります。

  • HER2過剰発現の検査は、しっかりとした経験がある病理医又は検査施設において実施してください。
  • ハーセプチンによる術後補助化学療法の有効性及び安全性は確立していません。
  • 接合部領域における原発部位、組織型等に関して「臨床成績」の内容を熟知し、適応患者の選択を行うことが必要です。

ハーセプチンの副作用

重大な副作用

  • 心障害

    息苦しい、急激に胸を強く押さえつけられた感じ、胸の痛み、冷や汗が出るなどの症状です。

  • ショック・アナフィラキシー

    皮膚のかゆみ、蕁麻疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、目と口唇のまわりの腫れ、息苦しさ、動悸、ほてり、意識の混濁などの症状です。

  • 間質性肺炎、・肺障害

    階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳(からせき)が出る、発熱するなどの症状です。

  • 白血球減少・好中球減少・血小板減少・貧血

    あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、のどの痛み、皮膚や粘膜があおじろくみえる、疲労感、動悸(どうき)、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、尿が赤い、寒気などの症状です。

  • 肝不全・黄疸・肝炎・肝障害

    からだがだるくなる、発熱(38℃以上)、皮膚や白目が黄色くなる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐(おうと)、腹痛、発疹、などの症状です。

  • 腎障害

    むくみ、高血圧、次郎館、食欲不振、吐き気、頭痛、呼吸が早くなるけいれん、意識障害、貧血などの症状。

  • 昏睡・脳血管障害・脳浮腫

    手足の麻痺やしびれ、しゃべりにくい、胸の痛み、呼吸困難、片方の足の急激な痛みや腫れなどの症状です。

  • 敗血症

    体温が38℃以上もしくは36℃未満になり、一分間に90回以上の心拍数1分間に20回以上の呼吸などの症状。

  • 腫瘍崩壊症候群

    体内の尿酸が増える、カリウムなどの電解質バランスが崩れるなどの症状です。

ハーセプチンの使用において、見込まれる効果とあらわれる副作用などは人それぞれ違います。

薬物療法を受けるにあたって、不安なことや知りたいこと、心配なことがある場合には、ひとりで悩むことせずに担当の医師などの医療者や「がん相談支援センター」に相談しましょう。

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

セカンドオピニオンに関する
メール相談も可能

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら