ステージ4で「打つ手なし」と
言われたとき読んでほしい癌治療サイト

肝臓がん

人間の内臓の中でも最大クラスの大きさを誇る肝臓に起こる、肝臓がんについてまとめています。

肝臓がんとは

肝がんには、肝臓そのものから発症する「原発性肝がん」と、他の臓器からがんが肝臓に転移することで起きる「続発性肝がん」のふたつが存在します。

原発性肝がんには、肝臓の細胞ががんになる「肝細胞がん」や胆汁を十二指腸に流す管ががん化したものなど様々な種類がありますが、日本においては原発性肝がんのうち90%を肝細胞がんが占めます。そのため、一般的に「肝がん」といわれるのは肝細胞がんのことです。

肝臓がん(肝細胞がん)の原因

特に肝臓がんになりやすいのは、B型またはC型の慢性ウイルス性肝炎に感染し、B型では8年以上、C型では20~30年以上経過している場合です。

日本人が肝臓がんになる原因は、7割がC型ウイルス性肝炎、1割がB型ウイルス性肝炎、残りの2割がアルコールなどを原因とする肝硬変(肝炎)となります。

ウイルス性肝炎が慢性化することで肝臓がんとなる理由は、炎症が起きていることで肝細胞が壊死と再生を繰り返すためです。徐々に肝細胞の線維化が進み、肝機能の低下とともに細胞が変化し、がん化します。日本人における肝臓がんの9割は、肝硬変が原因です。C型肝炎をわずらっている人は、そうでない人に比べて、1000倍も肝臓がんになる確率が高いといわれています。

肝臓がん(肝細胞がん)の症状

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、病気になっても症状が出にくい臓器です。そのため肝がん固有の症状は少なく、がんが進行した場合に腹部のしこりや圧迫感、痛みなどを訴える人はいますが、あまり多いケースではありません。他には肝硬変にともなう症状として、食欲減退、身体のだるさや微熱、お腹が張る、黄疸、浮腫(むくみ)、皮下出血などがあります。また肝硬変になると、肝臓に血液を運ぶ門脈の血流が悪くなり、食道・胃静脈瘤をひきおこすこともあります。

検査方法

慢性肝炎や肝硬変になった人の肝臓にがんが発生していないかを調べるには、継続的に検査をおこなわなくてはいけません。この継続して追いかける検査のことを、スクリーニング検査といいます。腹部に小さな機械を当て、超音波を発射して肝臓の状態をモニターに画像として映すことで確認します。

しかし、この検査方法では、肝臓の上部や助骨の影になる部分は見えにくいことがあり、その場合は血液検査を併用し腫瘍マーカー検査もおこなうことが多いようです。

病期(ステージ)・障害度分類

病期とはがんの進行度を表す言葉です。「ステージ」とも呼ばれます。肝がんでは、進行度合いによってI期、II期、III期、IV期(IVA、IVB)に分けられています。

ステージⅠではがん腫瘍がひとつで2cm以下、肝臓内部の表面にのみ存在している状態です。ⅡになるとステージⅠの条件である3つのうち2つが該当する状態、ステージⅢではそのうち1つが該当しているか、リンパ節への転移が見られる状態になります。ステージ4になると、どの項目にも該当しないか、他の臓器やリンパ節に転移が見られる状態です。

治療方法

肝臓がんでは、「エタノール注入療法(PEIT)」「マイクロ派凝固療法(PMCT)」「ラジオ派凝固療法(PMCT)」での治療が一般的とされています。これらは超音波画像を見ながら大きくて長い針を肝臓にできたがんに刺し、がん細胞を凝固させて死滅させるという方法です

腫瘍の数が2個までで、サイズが小さいものであれば手術をおこなうこともできます。しかし、日本肝癌研究会の報告によると、肝臓がん全症例のうちで手術ができたのは29.2%だったそうです。これは3人に1人しか、手術がおこなえないということになります。

また、肝臓がんの場合はがんが一度なくなっても肝硬変やウイルス性肝炎は残ったままであるため、再発の危険性がとても高く、術後5年までの再発率は70%にも及ぶのです。

進行した場合の治療方法

腫瘍の数が多い場合や、進行度合いが進んでいる場合には「動脈塞栓術」という方法がよく取られます。がんにつながっている血管に抗がん剤を染みこませた栓をして、栄養を届かないようにするのです。

治療が成功すると、腫瘍が劇的に小さくなります。しかし栓をする血管の見立てが難しく、現時点では効果が現れないケースも多い治療法です。近親者に肝臓の提供者がいれば、肝臓移植もひとつの選択肢になります。

これまでは、放射線治療はがん細胞に効果を持つものの正常な肝組織をも壊してしまうため、あまりおこなわれてきませんでした。しかし最近では、トモセラピーや陽子線治療、重粒子治療など放射線をあてる範囲を絞りめる最新の治療が出てきたため、これらは肝がんの治療に有効であると考えられています。

肝臓がんと足のむくみの関係

むくみは病気ではなくても長時間同じ姿勢でいたりすると発生するものです。ですが、肝臓がんになると足のむくみがみられることがあります。 そもそもむくみはなぜ発生するのかについてですが、大きく関係しているのがアルブミンという物質です。これは血液中に含まれているタンパク質の一種なのですが、血液の浸透率を調整する役割を持っています。

浸透率とは何かというと、これは血管の中に水分を取り込んだり、余分な場合は排出する時の圧力のこと。 つまり、アルブミンが低下した場合には水分を血管にうまく取り込むことができなくなり、溢れた状態になってしまうのです。これがむくみというわけですね。

では、なぜアルブミンの量が少なくなることがあるのでしょうか。ここで大きく関わってくるのが肝臓です。肝臓には食べ物などに含まれるタンパク質をもとにしてアルブミンを作る働きがあるため、むくみがある=肝臓に何らかの障害があるとも考えられます。 代表的なのは足のむくみではありますが、肝硬変を起こした場合などには全身がむくむこともあります。

暴飲暴食による肝機能の低下でもむくみが発生することもありますが、肝臓がんの症状の1つとして現れることもあるため、あまりにもむくみがひどい場合や、他にも気になる症状などがある場合は病院を受診しましょう。

肝臓がんの場合の飲酒

酒は百薬の長と言われることもあります。毎日の疲れをお酒で癒している方も多いはず。 ですが、肝臓がんの悪化リスクを高めることになるので注意しなければなりません。よく、お酒を飲む時には「休肝日を作りましょう」と言われますよね。つまり、お酒が肝臓にもたらす悪影響をについて広く知られているわけです。

肝臓は実に様々な働きを持っているのですが、アルコールの分解をするのも肝臓となります。つまり、お酒を飲めば飲むほど肝臓が働かなければならないということ。

健康な方であれば肝臓がしっかり働き、アルコールを分解してくれます。しかし、肝臓がんとは肝臓の働きが弱った状態です。 この状態でアルコールを摂取するとうまく分解や吸収がされない可能性があります。 では、肝臓がんになった場合は、絶対に飲酒をしてはいけないのでしょうか。

これは医師の判断によって異なります。特に初期の段階の肝臓がんだった場合、ケースによっては主治医がOKを出すこともあるでしょう。例えば、毎日晩酌を大きな楽しみにしており、これがあるからこそ治療も頑張れる方もいますよね。そういった場合にはお酒を飲む楽しみを奪うことが闘病への意欲低下や、ストレスを招いてしまう恐れがあるからです。 といっても、飲酒が認められるのはあくまで状態が安定している初期の段階のみだといえるでしょう。当然ながらステージが進み、がんが重症化している段階で主治医から飲酒が認められるケースはないはずです。

間違っても自己判断で「これくらいならいいだろう」とお酒を取り入れないようにしましょう。肝臓がんの場合は肝臓がお酒の分解と深い関わりのある臓器ということもあり、直接的な悪影響をもたらしてしまう可能性も高いです。

ただでさえ弱っている肝臓に大きな負担をかけることになるわけなので、自己判断での飲酒がいかに危険なことかわかるでしょう。

健康的な方であれば、肝臓は2日ほど休みを取らせると機能が回復するタフな臓器だといわれています。しかし、これはあくまで健康な人の話なので、肝臓がんになった方は健康な方と同じ休肝日を取ったとしても十分に肝臓は回復しません。肝臓がアルコールの分解を行っていると言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、危険性については医師に相談をすれば詳しく教えてもらえるはずなので話を聞いてみましょう。

参考:『【QOL(生活の質)】がん患者さんと飲酒』再発転移がん治療情報’あきらめないがん治療’
http://www.akiramenai-gan.com/medical_support/live/58347/

身体に負担のかかりにくい
治療ができる

クリニックC4

治療法:放射線治療(トモセラピー)

最先端の研究で珍しいガンにも
対応できる

国立がん研究センター東病院

治療法:陽子線治療

22時まで受付なので
忙しい人でも通える

江戸川病院

治療法:放射線療法(トモセラピー)

がんの治療法を知る
ステージ4のがん治療について
末期がん・ステージ4と診断されたら